運動ができる子は勉強もできる

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

運動することは脳の学習を助けると言われます。

小さい子どもの時に運動も勉強もどちらもよくできる万能型の子どもはかなりいます。

世界の有名な成功者たちも運動習慣を取り入れていると言います。

実は運動することは身体を健康状態に保つためにいいばかりでなく、脳をベストな状態にするという効果もあります。

運動をした後は、記憶力や集中力、そして処理能力も上がると言われてますし、実際に運動したことですっきりして勉強の効率をあげることもできます。

受験生などは成績をあげるために運動の時間を削って勉強に打ち込む人も多いですが、上手に適度な運動習慣を取り入れることで、脳の働きが高まり勉強に対しても良い結果を残すことができます。

脳は「自らあを変化、成長させる能力」である可塑性と言う特徴を持っています。

つまり脳はそれ自体でどんどん成長していく特徴があるのです。

運動することによって、運動に関わる脳のネットワークも発達していきます。

それによってますます脳は、より成長しやすい状態へと整えられていきます。

全身を使って運動することで脳も一緒に鍛えられているわけです。

そして運動は脳の発達を促すだけでなく、ストレスを発散することもできてメンタル的にもいい影響を与えます。

中学3年生になってスポーツクラブや部活動に打ち込んでいた子どもたちが最後の試合が終わって引退した後に、運動を全くしなくなる人も多くいますが、実はそれはかなり心配です。

今まで一生懸命に練習に費やしていた時間を何に使うのかもとても大切なポイントになります。

テレビを見たりゲームの時間が増えてしまっては伸びるはずの成績が下がってしまうことになりかねません。

やはり少しでもいいので運動する時間はしっかり確保して欲しいものです、

運動することで、脳は活性化し集中力や記憶力も高まります。

脳をベストな状態にした上で勉強に取り組んでいくことで、かなり効率も上がります。

受験生は自分の時間の使い方も考えた上で、しっかりと自分の可能性にチャレンジして欲しいです。

毎日少しの時間でもいいので、運動する習慣を大切にしてください。

もうひとつ大切なことがありました。

朝食は必ずとるようにしてください。

1856022_m.jpg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR