コミュニケーション


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県別府市

別府市には三大秘湯というものがあります。

それが「鶴の湯」「蛇ん湯」「鍋山の湯」です。

どの温泉も素晴らしくて人気のある温泉なのですが、
私のお気に入りの温泉は「鶴の湯」です。

鶴の湯は別府の明晩地区に「鶴見やすらぎ霊園」という大きな墓地があって
その墓地の奥に進んで行った最奥で車を止めて、
さらに細い道を歩いたところにある天然の温泉です。

「鶴の湯」を愛する地元の人や常連さんによっていつも綺麗に維持管理されているので、
とても清潔で、しかも無料です。

硫黄の匂いも立ち込めて、80度近い源泉が自然に冷まされて湯船に流されています。

軽い硫黄臭もあり泉質も抜群に良いので、いつ行っても常連さんでいっぱいです。

「鶴の湯」に行ったときは、しっかりマナーを守らなくてはいけません。

まずは、しっかり挨拶することが大切です。

コミュニケーションの始まりは気持ちの良い挨拶からです。

コミュニティーに参加させてもらう時に、
きちんとした挨拶ができないと仲間に入れてもらえません。

きちんとした挨拶をするとお互いが良い気持ちになるので
そこから会話になってコミュニケーションが深まっていきます。

挨拶がなかったり、無愛想に挨拶したりすると、
その時点で相手の心にブロックができてしまい、
円滑にコミュニケーションをとることが難しくなります。

いつも「鶴の湯」に行った時にはしっかりと先客に挨拶して、
そこから鶴の湯を愛する人たちとの交流を始めるというわけです。

そこでの会話は結構、有益な情報がもらえたりもします。

ここでのポイントは「質問力」になります。

上手に質問をすることで、
たくさんの有益な情報を集めたりすることができることがあります。

私にとっての有益な情報と言っても、
「どこのお店が美味しい」とか「どこの場所に行くとこんないいものがある」
と言った程度のものですが、
それでも知らなかったことを知るということは大きな情報になることもあります。

最近に得られた情報は別府冷麺の美味しいお店です。

あまりガイドブックにも紹介されているわけではないのですが、
地元に人から愛されているお店のようでした。

B級グルメ巡りが大好きな私にとってはとてもありがた情報で、
次に別府に行く時には、必ず立ち寄ってみようと思います。

そのお店がどこかというのは内緒です。

どうしても知りたい人は「質問力」を上げて情報を引き出すようにしてください。AdobeStock_237504959_Preview.jpeg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR