後悔するならどっちがいい?





From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

後悔には2種類あります。

それは「やった後悔」と「やらない後悔」です。

あなたはどっちの後悔の方がいいですか?

私は間違いなく「やった後悔」の方がいいと思います。

あなたにも経験があるかと思いますが、「やらない後悔」はずっと先まで引きずってしまうことになりかねません。

例えば、自分が好きな異性がいたとして、思い切って告白した時に、振られてしまった時は、大きなショックを受けるかもしれませんが、時間の経過とともにすぐに忘れることができます。

でも、やらなかった後悔は「もしもあのとき告白してたら、今頃どうなってたんだろう」なんて、ずっと先になっても後悔して引きずってしまうようなことになりかねません。

あまり例え話がよくなかったかもしれませんね。

言いたいことは、「やった後悔」は短時間で忘れることができるし、仮に失敗したとしてもそれは経験値として残っていくことになるので、そんなにマイナスの影響を受けることにはならないということです。

でも「やらない後悔」だったら、妄想の枠から抜け出すことができなくなってしまうかもしれません。

「もしも、あの時、〇〇をしとけば」と、どうしようもないループから抜け出すことができなくなってしまいます。

私たちの人生はさまざまな選択の連続でできています。

「やるか、やらないか」で、迷ってしまった時は、まずはやってみることをお勧めします。

やってみてうまくいかない時には、やめてしまえばいいだけですし、あきらめきれると思うのです。

でもやらないで後悔してしまうと、頭の中からその後悔が離れなくなってしまい、そのことに執着してしまうことになりかねないからです。

歳をとればとるほど、もっと若い頃にこんなことをやっておいたらよかったのになと思うことが増えてくるような気がします。

人生の終わりに、自分の人生はやりたいことをやることができた人生だったなと後悔しなくていいように、やってみたいことには挑戦してみたいなと思ったりします。

どうせなら「やった後悔」をした方がましだなと思ってしまいます。

3809385_m.jpg










スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR