外でマスクをつけなくて良いという話ですが





From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

20日の夕方、厚生労働大臣が記者会見を行いました。

発表した内容は、屋外では周囲との距離が十分取れなくても会話が少なければ、必ずしもマスクの着用が必要ないという見解です。

感染対策としてのマスクの位置付けは変わらないものの、屋外では会話をほとんど行わない場合はマスクの着用は必要ないとしました。

でも通勤電車の中では会話を行わない場合でもマスク着用を推奨するということです。

もう長い間、外出する時にはマスクを着用するのが習慣になってしまったので、なかなか外すことには抵抗がある気がします。

私はまだしばらくは外出する時はマスクをはずせないかもしれません。

これから少しずつアフターコロナを目指した政策が出てきそうですが、実際のところはまだまだマスクやソーシャルディスタンスをとっての予防対策はしばらくの間続きそうですね。

さて、ソーシャルディスタンスを取るのが常識になってきましたが、ソーシャルディスタンスは大きなストレスの原因になります。

人が集団から強制的に引き離されることで、うつ症状を引き起こすことがあるそうです。

コロナ禍でも多くの人たちが隔離されたので、個人だけでなく日本全体が受けたダメージはかなり大きいと思われます。

社会から隔離された人は、ストレス障害で不眠や不安、集中力の欠如、仕事の効率が低下するなどの症状を引き起こして、その後遺症も引きずりやすいと言われています。

そうした面から言うと、外でマスクを外して人との交流が増えていくことは喜ばしいことだといえます。

コロナ感染のリスクもあるかもしれませんが心にストレスを抱えるリスクもかなり大きいです。

その辺も考慮しながら脱コロナを目指していかなくてはいけないんだろうなと思います。

まだまだ感染者が減少していないので、すぐにマスクをつけないと言うわけには行かないと思いますが、早くマスクをつけなくて良い解放された気分で外出したいものです。

23330009_m.jpg









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR