怒りを生むのは決めつけや思い込み





From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

人に対して腹が立つのはどんな時かというと、相手が思ったように動いてくれないときです。

逆を言えば相手が自分の思ったように動いてくれると期待が大きければ大きいほど裏切られた気持ちになって怒りが大きくなるのです。

そして、それは自分の一方的な決めつけや思い込みが原因なのです。

「こうでなければならない」「こうなって当然だ」「こうするしかないんだ」と考えてしまうことは多いし、相手もそうして当然だと思い込んでしまうケースを少なくありません。

自分の意見が正しいと思い込んでしまうと、確実に視野が狭まっていきます。

そして自分と異なった意見を持ってしまう人は全員、自分の敵だと思うようになってしまいます。

「なんで自分が正しいことを言っているのに。あいつはわからないんだ」と怒りが大きくなるし、敵視が強くなるごとの相手に対しての攻撃もひどくなるのです。

何もこれは、今の世界情勢の話をしている訳ではなくて、私たちの心の中にもこのような感情があるということです。

「自分の意見が正しい」と思い込むことによって人は意固地になってしまうのです。

人の考えは人の数だけあるので、自分の中に自分の正義があるように、他の人の中にも他の人の正義があるのです。

「どちらが正しいのか」と言い争ってもあまり意味はないかもしれませんね。

自分の正しさを証明しようとか相手を言い負かしてやろうと思えば思うほど、ストレスも大きくなっていく気がします。

自分の意見と全く違う人に出会うことがあります。

そのときに「この人は間違っている」と腹を立てるのではなく、「そんな考え方もあるんだな」と思えるだけでも自分の考えや視野を広げられることになります。

自分の正義を押し付けるよりも、お互いに理解しようという歩み寄りがあれば、もっと関係の改善が進むのだと思います。

でも、なかなかそうなれないことは、今の世界情勢を見ればわかることなのですが。

せめて、自分の周りの人間関係だけでもそんな柔軟な姿勢が取れるようにしたいものだと思います。

世界のたくさんの人がお互いの相違点を認め合えることができるようになれば、こんな無益な争うごとが減ることになるのかもしれませんけど。

あなたもまずはあなたの中から些細な平和を築き上げていくようにしてくださいね。

23819437_m.jpg









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR