あなたは朝型?夜型?





From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

早起きが得意な「朝型」、夜の方が集中できる「夜型」、あなたはどっちのタイプですか?

朝型の人は、早寝早起きが習慣化されていています。

なので朝にドタバタすることもなく、余裕を持ってゆったりとした気持ちで1日のスタートを切ることができます。

夜もダラダラと過ごすことがないので、きちんとした時間管理ができる人に多いようです。

一方、夜型の人は早く寝ることにこだわることがないので、時間の使い方は柔軟です。

夜更かしすることもあるので自律神経が乱れてしまうこともあります。

食事が夜遅くなることもあるので、肌が荒れたり太りやすくなるといったデメリットもあります。

ちなみに年代ごとに調べてみると、歳をとるごとに朝型の割合が増えていくようです。

私は残念ながら典型的な夜型のようです。

年齢のことや健康面から考えると、少しずつ朝型に変えていかないといけないなという気もします。

夜型を朝型に変えるのは早寝をするよりも、早起きをすることから始めた方が良いらしいです。

朝型か夜型かを決めるのは、体内時計の違いもひとつの要因になるようです。

1日は24時間なのですが、体内時計には個人差があります。

日本人の平均は体内時計は24時間10分で、個人差としてはプラスマイナス10分程度になるそうです。

つまり体内時計は24時間の人もいるし、24時間20分の人もいるということです。

体内時計が24時間に近い人が朝型になるようです。

24時間よりも長くなる人は夜型です。

体内時計は太陽の光によってリセットされるので、毎日、朝起きて太陽の光を浴びることによって次第に朝型に変わっていけるということです。

朝型、夜型に関わらず、朝目覚めたときには太陽の光を浴びて軽い運動をする方が、健康にとってプラスになるし午前中から高いパフォーマンスを発揮することにも役立ちます。

体内時計の基準は朝にあるので、朝型に切り替えたい人は、早起き&朝の散歩を習慣化させるのがうまく切り替える秘訣です。

つい夜遅くまでダラダラと過ごしてしまうことが多いので、もっと時間を効率的に使うためにも、少し早起きにチャレンジしなくてはいけないかなと反省しているところです。

「早起きは三文の得」というように、朝型に帰ればいいことがあるかもしれませんね。

23308595_m.jpg










スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR