集中力の限界は90分





From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

人の集中力の限界は90分と言われています。

大学の時の講義の時間も90分だったし、サッカーの試合時間も90分ですね。

小学校の授業は45分間なので、これも集中力の持続時間と関係があります。

実際に人が深い集中力を保てるのは15分程度だそうです。

集中力の持続時間にはあるリズムがあることがわかっています。

それが「15・45・90の法則」です。

人の体内には15分、45分、90分というリズムが備わっていることを意味しているそうです。

高い集中力が保てるのが15分、子どもでも集中力が保てるのが45分です。

1時間のテレビドラマもCMの時間を除けば45分ですし、サッカーの試合の前半や後半はそれぞれ45分で設定されています。

そしてハーフタイムは15分取るようになっています。

15分を単位にして考えてみると集中力を維持できて効率が上がるようになると言われています。

そういえば眠る時に熟睡したなという感じられるのは、3時間、6時間、9時間だったりするので、これにもこの法則が当てはまりそうです。

昼寝も15分の2倍の30分ほどできると、かなり脳の疲れが取れて頭がスッキリします。

人間の体内には、自然と15分、45分、90分のリズムが組み込まれているんだなと実感できます。

時間について、もうひとつ面白い話があるので、それもあわせて紹介します

「パーキンソンの法則」というものがあります。

これは「仕事は与えられた時間の長さいっぱいまで膨張する」という法則です。

これは例えば、実際には30分で片付けられる仕事であっても、制限時間を90分に設定してしまうと結果的には90分かかってしまうことになるというものです。

他にも締め切りが1週間後だとした時に、私たちは締め切りギリギリにならないと完了できないという経験をした人もい多いのではないでしょうか。

締め切りや制限時間がない時には、ダラダラとしてしまって仕事を終わらせられないなんてことも経験があると思います。

なので仕事を効率的に進めようと思う時は、必ず制限時間を設定したほうが良いと思います。

さらに、これを集中力の持続時間も絡めて考えてみると、15分で区切って作業していくと集中して効率よく仕事を進めていけます。

「15分でここまでやろう」とタイマーを使って取り組んでみるとゲーム感覚で作業できるので楽しいかもしれませんよ。

人間の集中力には限界があることを利用して、高い集中力を発揮できるやり方を自分なりに工夫してみるのもいいと思います。

集中して、少し休憩を入れて、さらに集中して取り組む。

こうした時間を使う習慣も大切にしてみてはどうでしょうか?

3313085_m.jpg







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR