途中で投げ出さないコツ





From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

目標を立てて「よしやってやるぞ」と意気込んで始めたのはいいけれど、いつの間にか熱が冷めてしまい途中で投げ出してしまうことがあります。

なんて意志が弱いんだと自分を責めることはありません。

なぜならこれが普通のことなんです。

ここで少しびっくりする数字を紹介します。

「何かをやりたい」と希望を持つ人が1万人いるとします。

その時に実際に挑戦する人はそのうちのたった1%の100人だけです。

そして挑戦者100人のうち、それを継続できる人はそのたった1%の1人になるそうです。

つまり、1万人いる中で挑戦して継続できる人はたった1人しかいないということになります。

成功する人は継続できる人と言われますが、成功と失敗の差は、行動を起こして継続できるかどうかの差なのです。

成功者は選ばれた人だと言う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

成功者とは、周りからなんと言われても、どんな困難が待ち受けていたとしても、諦めずに愚直に継続した人のことを言うのです。

そしてそれをやり遂げられる人は1万人に1人のごく少数に絞られるというだけなのです。

継続できるかどうかは、「なりたい自分」の姿をどれだけ明確に描けるかどうかにかかってきます。

例えばダイエットをしようと思ったときに、「ただ痩せたい」と思って始めるのと、「痩せて自分のお気に入りの異性に好かれたい」と思ってダイエットに取り組むのでは、モチベーションが全く変わってくると言うわけなのです。

目標を達成した明確なイメージが描ければ描けるほど、それがやる気や継続力につながっていくのです。

さらにそれがビジョンとしてイメージできればできるほど、未来の自分を信じる力が増していくことになります。

「なりたい自分の姿」を願望と呼びますが、この願望が強ければ強いほど、辛抱強く努力することができるのです。

途中で投げ出してしまう人は、それほど強い願望ではなかったということだとも言えます。

途中で投げ出さないでやり遂げたい時は。どれだけ本気の願望なのかにかかってきます。

本気の願望にするためには、より具体的にそして大胆に将来の理想を明確にイメージできるかどうかにかかってきます。

なりたい自分の姿を明確にして、それを達成できた未来をリアルに想像することができると、途中で投げ出さずにやり切ることができるようになります。

あなたも1万人に1人の成功者になるために、まずは「理想の未来像」を明確に描くことから始めてみましょう。

806367_m.jpg

















スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR