私は私 あなたはあなた


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

「私は私 あなたはあなた」

こんな考え方ができるようになると、少し楽に生きることができるようになります。

私たちはいつも「周りの人にどう思われてるんだろう」とか「あの人の目が気になる」とか、そんなふうに思って自分を演じてしまうことがあります。

人と一緒に生活している以上、ある程度はそうしたことも必要かもしれませんが、あまりそれが大きくなると自分らしさを出せなくなり苦しくなってしまいます。

自分を軸にして生きるようにすると少し楽になります。

相手の目や言葉を気にしなくて済むようにしたいなら、必要以上に相手に期待しないことも必要になります。

自分が何かした時に「きっと感謝してくれるだろう」とか「評価してくれるはずだ」なんて期待をしてしまいます。

ところが相手が期待したことと違う反応をした時に、少し傷ついてしまうことがあります。

誉められなかったり認められなかったりすると「自分はダメなんだ」とか「自分に力がないからだ」といった考えに繋がってしまいやすくなります。

こんな感じで落ち込んでしまうことは意外に多いので気をつけたいところです。

誉められたり認められたりしたときは素直に喜んでいいんですけで、そうでない時に必要以上に気にしないようにしたいものです。

自分がしようと思って行動を起こしたのだから、相手がどう思おうとも本当は関係ないのです。

相手に期待しすぎてしまうと、それと違った反応を相手がしたときに、腹が立ったり落ち込んだりしやすくなります。

「わかってほしい」と期待するから「わかってもらえない:と失望してしまうのです。

「私は私 あなたはあなた」

そんな風に自分を軸にした考え方を少しずつ身につけることができれば、むやみに傷ついてしまうことも減る気がします。

人から評価されたい、人に認められたいという欲求は当然あって良いものですが、そうならなかった時に自分はダメだと落ち込む必要は全くありません。

自分が抱えている荷物を少しでも軽くするためにも、自分軸で生きる生き方も必要だなと思います。

4900774_m.jpg

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR