「頑張らないといけない」ことはない


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

「もっと頑張りなさい」と小さい頃からそう言われた人がほとんどです。

「自分の望みを叶えるためにも頑張らないといけない」といつも自分を追い込んで無理をしてしまうことも少なくありません。

頑張ることは悪いことではないと思いますが、無理をしすぎてしまうのは絶対にNGです。

無理をしすぎて頑張りすぎてしまうと、心身を酷使してしまい、逆に意欲が湧かなくなってしまったり、疲れが溜まってしまったりすることもあります。

さらに「もっと頑張らなきゃいけない」と自分で思っているのに、疲れのせいでなかなか頑張れなかったりしたときには、とても自己嫌悪に落ち込んでしまうこともあります。

つまり、頑張れていない自分はダメな人間なんだと自分で思い込んでしまうのです。

自己否定をすることは、行動へのエネルギーを奪ってしまうことになります。

そして、また頑張れなくなった自分を責めていくという悪循環に陥ってしまうのです。

このような最悪の状態になる前には、自分の心も体も黄色信号を出します。

なんとなくやる気が出なかったり、体の疲れが取れなかったりするのも、そうしたサインの一つです。

こうした心のサインを無視しないようにしましょう。

ゆっくりと自分と向き合う時間を作ると、そんなサインにも気が付きやすくなります。

「頑張れない」という自分の弱さをなかなか認められないこともありますが、結果、それが無理をしすぎることにつながっていくこともあります。

今は休んだ方がいいと心身のサインが出ていることに気がついたときは、思い切って休んだ方がいいです。

そのほうが気力が充実するのが早くなるし、仕事の効率も上がることになります。

「いつも自分を追い込んで頑張らないといけない」なんてものは、自分の強い思い込みによるものです。

「頑張らないといけない」なんてことはないのです。

それよりも自分の強さも弱さも含めて、自分の心としっかりと向き合った上で、心の声に正直に動いてみることも大切なことだと思います。

やる気が出ない時は、やる気になるまで待ってもいいと思います。

頑張れるときに頑張ればいいのです。

無理は禁物です。

自分の心に正直になることも大切だと思います。

1611376_m.jpg

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR