相手の立場に立って考える


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

私たちは生活している中でたくさんの悩みを抱えています。

悩みの多くは「健康」「お金」「人間関係」と言われています。

そのうちの「人間関係」で悩みを抱えてしまうと、あまり幸せを感じることができなくなってしまいます。

社会生活を送っていく上で人間関係を築くことはとても大切なことです。

私たちが幸せを感じて生きていくためには良好な人間関係を維持していくことが必要になります。

そのときに大切にしたいことが「相手の立場に立って考える」ということです。

これができれば無駄な衝突やトラブルを減らすことができます。

相手の立場に立って考えることができるようになると、相手のことを深く理解することができるようになります。

同じ事象でも見ている角度が変われば全く違って見えるものです。

さらに「自分が絶対的に正しくて、相手の方が完全に間違っている」という偏った見方になってしまいます。

立場が変われば見え方が違ってくるのだから、そこでお互いの考え方が理解し合えるはずがありません。

その結果、生じてしまった溝が埋まらないまま争いやトラブルが続いてしまうということになります。

ここで相手の立場に立って考えることができるようになると、少し変化が生じます。

相手の立場を理解してやることで、相手の態度も軟化することがあるし、相手の意見を理解してもらえればこちらの意見に耳を傾けてくれるようになることもあります。

相手の立場に立って考えるために必要なことは一つです。

それは「相手の話に耳を傾ける」ということです。

これが実はなかなか難しくてできていないことが多いです。

そして、これができないために人間関係が壊れてしまうことがよくあるのです。

自分の意見を挟み込まずに、まずはしっかりと相手の言い分を聞くようにするのです。

そうすれば、相手の立場を少し理解できるようになります。

人間関係のトラブルを減らすために、相手の話にしっかりと耳を傾けて聞くことを意識してみましょう。

もちろん国際紛争の問題もこれと似ているかもしれませんが、こちらは簡単に話し合いで解決するレベルは超えてしまいました。

せめて私たちは自分の周りの人との人間関係で、平和的な解決を目指していくべきだと思います。

2280832_m.jpg

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR