「はじめ」と「終わり」をきちんと決める


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

のんびりと過ごしていた年末年始休暇も終わって、通常のスケジュールに戻りました。

だらしない生活習慣に慣れてしまうと、通常の行動習慣を取り戻すのにひと苦労です、

脳をしっかりと動かすためには、ダラダラとした生活リズムをまずはなんとかしなければいけませんね。

そのためには「スイッチオン」と「スイッチオフ」の動作を取り入れると良いかもしれません。

決まった時間に起きて、決まった儀式をして、仕事モードに切り替える。

家に帰った時も、決まった儀式をしてからリラックスモードに切り替える。

「はじめ」と「終わり」を自分できちんと決めることで、メリハリのある生活習慣が作りやすくなります。

例えば、朝、目が覚めたときには、まずは布団からしっかり出て布団をきちんと畳む作業を取り入れるだけでもダラダラと2度寝することを防げたりします。

家に帰ったら、まずは顔を洗ってから部屋着に着替えるだけで、心もリラックスできるようになります。

食事の時は、しっかりと手を合わせて「いただきます」「ごちそうさま」を言ってみる。

使ったものをきちんと治す習慣をつけることもメリハリのあるリズムが作りやすくなります。

どんなことでも、「はじめ」と「終わり」をきちんと決めるだけで、メリハリのある生活習慣が身に付きやすくなります。

毎日、決まった時間に起きて、決まったことをやっていくだけで、すぐに生活リズムが整ってくるはずです。

ダラダラした生活から規則正しい生活に戻すのに、何日間か続けていけば、すぐに脳や体の方が慣れて当たり前にできるようになります。

自転車を漕ぐときに、最初は大きな力が必要になりますが、一旦、走り始めると、スムーズに走っていくようになるのと同じです。

毎日を規則正しい生活にするためにも、「はじめ」と「終わり」をきちんと決めて、物事に集中できる環境を自分で作っていきたいと思います。

2061296_m.jpg

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR