逆を考えるとヒントが見つかる


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

どんなに頑張ってもなかなか成果が出なくて不安を抱えてしまうことはよくあります。

そんなときには思い切って、逆を考えてみると思わぬアイデアが見つかることになるかもしれません。

どうしても自分のアイデアというのは、これまでの経験や思い込みによって幅が狭まってしまうことがよくあります。

「これまでの経験からきっとこうなるに違いない」と強い思い込みを抱いてしまうと、それに知らず知らずのうちに引きずりこまれてしまいます。

そうすると選択の幅がかなり狭まってくるので最適な解決策が見つかりにくくなってしまうことになります。

今のやり方でうまくいっていないのであれば、もしかすると全く逆の発想をすることでうまくいく可能性があるかもしれません。

もちろん逆に考えたからといって、それがうまくいくかどうかはわかりません。

ただ逆に考えることによって、視点が大きく変わって違う立場からのアイデアが生まれる可能性が高くなると思います。

今までに気づけなかった何かが見つかる可能性が広がるわけです。

「どうすれば自分の課題を克服できるか?」と頭を抱えてしまうときは「どうすれば自分の課題を活かせるのかな?」と考えてみるわけです。

アイデアは実現できなくてもできなくても、まずはたくさん出してみることが大切です。

アイデアをたくさん出し尽くした後にどれを採用すればいいのかを吟味すればいいだけなので、新しいアイデアのヒントを見つけやすくなると思います。

先日、ある分野で大成功を収めた人の話を聞く機会があったのですが、そのときにその人が話していたことが「みんながやらないことでも積極的にやるようにしただけです」と話してくれました。

普通は遠慮したり常識で考えてなかなか行動に移せないでいることを、逆に考えて行動したからこそ成功につながったというのです。

なるほど成功した秘訣が、常識や普通からの脱却だったということですね。

みんなと逆の行動をするのはなかなか勇気がいるし難しいことかもしれません。

でも逆に考えてみるくらいなら、ちょっと真似できそうです。

逆に考えていく習慣がつけば思わぬアイデアが浮かぶことにつながるかもしれません。

失敗の逆は成功、不安の逆は希望、臆病の逆が勇気。

自分が少しうまくいかないでくよくよと悩む時は、思い切って逆を考えてみて、使えそうなアイデアがあればやってみるというのもありだなと思いました。

2897683_m (1)

 

 


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR