知行合一



From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

「知行合一(ちぎょうごういつ)」とは、知識と行為は一体であるという意味です。

これは中国の明の時代の思想家である王陽明が唱えた思想です。」

明治維新の原動力となった人材を育てた吉田松陰が、松下村塾にこの「知行合一」という掛け軸をかけるほど大切にしていた言葉です、

この言葉の意味は、どんな知識でも行動が伴っていなければ全く意味がないということを言っています。

たくさん勉強して知識だけをどんなに詰め込んだとしても、それを実践にうつさなければ何の意味もないということです。

本で読んだことがあることや、人に聞いたりしたことがあると「それ知ってるよ」と思ったりするのですが、頭の中の知識だけでは本当の意味で知っているとはいえないということです。

知識と行動は切っても切り離せないもので、本当に理解するためには行動が大切だということです。

吉田松陰の教え子は、この「知行合一」の精神で学んだことや感じたことを実際の行動に移して日本の近代化の礎を築いていったわけです。

耳で聞いただけの知識はすぐに忘れてしまいますが、実践を通して体感した知識は自分の知恵として残っていくものです。

「知行合一」は学んだことをすぐに行動に移せという意味合いよりも、行動の伴わない知識は本当の意味での知ではないということを言っています。

例えば「人には親切にしましょう」というのは誰でも知っていることですが、それを日々実践に移せているかどうかが大切なんだということです。

もしも、行動に移せていなければ、それは知っていることにならないということになります。

知識として知っているもの中でこれは大切だなと思ったものがあれば、まずは、それを行動に移すように心がけていきたいものです。

22271749_m.jpg


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR