やる気が出ないときには


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

仕事でも勉強でも「やる気が出ないんです」と言ってなかなか始められない時があります。

そんなときに「やる気」が出るまで待っていたら、どんどん時間が経過して結局、何もできなかったなんてこともよくあることです。

「やる気」ができるまで待っていても、なかなかやる気になりませんよね。

では、どうすればいいのでしょうか。

まず最初に確認しておかないといけないことがあります。

ある脳科学者は「そもそも、やる気なんて存在しない」と言っているのです。

例えば、笑顔が出る時のことを考えてみると、普通は楽しいから笑顔が出ると考えると思うのですが、最近の脳科学の研究では、先に「笑顔」と言う行動があって後で「楽しい」という感情がついてくるということがわかっているのです。

つまり「行動」が先で「感情」が後についてく流というのです。

これをやる気に置き換えて考えてみると、やる気が起きるから仕事をしたくなるのではなくて、仕事をやっているうちに調子が出てきて「やる気」が高まっていくということらしいのです。

確かにやっているうちに、自然と集中できたり効率が上がる中で、やる気が上がっていると感じることはよくあることです。

つまり、いくらやる気になるのを待っていても、なかなかやる気にはならないということです。

行動を起こすことで自然とやる気は高まっていくものだということを脳科学の専門家は言っているのです。

では、なかなかやる気が出ないときに私たちはどうすればいいのでしょうか?

その解決策の一つが、色々と頭で考えるのではなくて「さっさと行動に移す」ということになります。

「案ずるより産むがやすし」という言葉があるように、行動を起こすことで自然とやる気が高まってくるので、あまり深く考えずに行動を起こした方が早いということですね。

何かを始たらしどいに夢中になっていくという経験は誰でもあると思います。

これを「作業興奮」と呼ぶのですが、この作業興奮が「やる気が出た」という気分にしてくれるようです。

やる気ができるのを待つのではなく、まずは行動を起こしてみて脳が作業興奮になるのを待つことで、自然とやる気がでた状態へと変わっていくようです。

なかなかやる気が出ない時は、なんでもいいので、まずは動いてみることから始めるとよいようです。

4898956_m.jpg


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR