食後の眠気には要注意です


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

ランチをとった後に、眠気に襲われてしまうことがあります。

食後の眠気は生理現象ですが、あまりにもひどい場合は要注意です。

食後の急激な眠気が、糖質の取りすぎが原因になっている可能性があるからです。

食後には血液中のブドウ糖の量が増えて血糖値が上昇します。

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌され、通常であれば2時間ほどで元の数つに戻りますが、糖質をとりすぎると一気に血糖値が上昇し、大量のインスリンが必要になります。

インスリンの分泌が追いつかないと過血糖という状態になり、この状態が続くとブドウ糖が脳に行き渡らずに、頭がボーッとしたり眠kななったりする症状が現れます。

血糖値が高いままだと、糖質が赤血球と結びついて血液がドロドロになってしまいます。

それが血管をボロボロにして老化させてしまうのです。

血糖値を下げるには、抗酸化作用のあるポリフェノールと食後に血糖値の上昇を抑える食物繊維が必要です。

ポリフェノールは植物が虫や紫外線から身を守る免疫力のようなものです。

植物の強い免疫力を借りることで、血液の参加を予防することができるのです。

ポリフェノールを多く含む食材は、赤ワインやコーヒーや緑茶、紅茶などが知られていますが、高カカオチョコレートも注目を集めています。

高カカオチョコレートには、赤ワインをはるかにしのぐポリフェノールがあることがわかっています。

チョコが血糖値を下げるというのは意外な感じもしますね。

ただしチョコレートといっても、なんでもいいわけではなくて、カカオ分が70%以上含まれる高カカオチョコレートにするようにしてください。

ホワイトチョコレートやミルクチョコレートでは、血糖値を上げてしまう糖質がかなり入ることになるので、逆効果になってしまう危険性があります。

高カカオチョコレートは、食前に1日5回、5gずつ食べるのが効果的なようです。

食前に食べると、カカオに含まれる食物繊維が糖質の吸収を遅らせる効果があるからです。

休憩時間にブラックコーヒーと一緒に高カカオチョコレートを食べるのも良いと思います。

チョコは、ちょこちょことこまめに食べるのが良さそうですね。

2105110_m.jpg

 

 



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR