たまには自分にご褒美を


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

毎日、毎日、同じ仕事に追われてしまうと、日常の仕事が作業になってしまい働ける喜びを忘れてしまいそうになることがあります。

「初心、忘るべからず」という言葉があるように、初めの頃はやりがいもあって意気揚々として仕事できていたことが、いつの間にかマンネリ化してしまって働くことに喜びを感じられなくなってしまうことも少なくありません。

仕事だけでなく、家事や子育てや介護などに追われてしまって強い疲労感を感じてしまうようであれば、やっぱり上手に気持ちを切り替れていくことが大切になります。

気持ちをうまく切り替えたり、さらに行動へのモチベーションを高めたりしたいときは「自分へのご褒美」を作ることで効果を上げられます。

「〇〇を達成できたら△△するぞ」と計画を立てるうちから決めておくと、やっぱりモチベーションが持続しやすくなったりしますよね。

もちろん目標達成に限らず、1週間の終わりや1日の終わりに、自分に小さなご褒美をやるようにしてもモチベーションが上がると思います。

旅行に行ったり、大きな買い物をするといった豪勢なご褒美もたまにはいいのですが、それでは長続きしなかったりするので、自分へのご褒美は些細なもので十分だと思います。

そのときにご褒美としておすすめなのが、気軽に実現できる範囲で自分が心から楽しいもの、自分の気持ちがワクワクするもの、自分がハッピーになれることを選ぶのがポイントです。

ネットサーフィンやカタログを眺めて、ご褒美候補を探すのも結構な楽しみになると思います。

私がおすすめのご褒美としては、やっぱり「美味しいものを食べる」ことと「スポーツや映画やライブを見に行く」ことです。

どちらも外出を控える時期には難しいところもありますが、ネットを使って取り寄せたりネット配信で楽しむなど、リアルとは違った形で楽しむようにしています。

頑張った自分にご褒美を上げることで、自分を褒めることができるようになるし、日常生活の中にある小さな喜びの種に気がつく感性が高まるようになります。

「頑張ってる自分にエールを送る」

ストレスの多い時代だからこそ、とても大切なことのように思います。

22222185_m.jpg


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR