With コロナ社会で絶対に必要になること


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

緊急時代宣言が9月30日まで延長されました。

またワクチンの2回目の接種を受けた人の割合が、全国民の5割になったというニュースも入ってきました。

ワクチンの効きにくい新株の出現や、ワクチンを接種した後でも感染するブレイクスルー感染も多数報告されているので、まだまだコロナウィルスを克服するにはかなりの時間がかかりそうです。

完全にコロナウィルスを抑え込むことは不可能なので、これからは「with コロナ社会」へとシフトチェンジしていくことになると思います。

この「with コロナ社会」を生きていかなくてはいけないときに絶対に必要になると思うことは、いかに自分の健康な身体づくりとメンタルバランスを整えていけるかということになると思います。

そしてその鍵を握るのが、「免疫力」「腸内環境」「自律神経」の3つのバランスということになります。

この3つは深く関わっていて、身体と心の健康を保つためにこの3つのバランスがしっかり取れていることが大切になります。

強いストレスが原因となって自律神経が乱れてしまうと、腸の動きも鈍くなってしまいます。

そうなると消化吸収に支障をきたして、栄養がしっかり摂れなくなってしまうのです。

栄養が採れなくなると血液の質が悪くなって、腸内に老廃物が滞ってしまい有害物質を発生させてしまいます。

血液の質が悪くなりドロドロになってしまい血行不良になります。

体の冷えやむくみ、肌荒れや疲労感などが腸内環境が良くないサインであることが多いです。

便秘や下痢といった腸の不調や、不眠や疲労、イライラしてしまうなどの症状がある時は、腸内環境のバランスが崩れていて、免疫力が下がり、自律神経のバランスも崩れてしまっている恐れがあります。

そのまま放置しておくと、心にも身体にも大きな悪影響を及ぼすことになるので、軽めの症状のうちに改善していく必要があります。

自分の生活習慣を見直して、思い当たる原因を改善していくことが必要になります。

コロナウィルスが蔓延している時代なので、健康な心と身体を作っておかなければ命取りになってしまうことがあるのです。

逆を言えば、健康な心と身体のバランスをとる生活習慣を確立していけば、免疫力も上がり重症化を防ぐことができるということです。

規則正しい生活を心がけて、ストレスと上手に付き合いながら、病気に打ち克つ自然治癒力を高めていくることは可能です。

うまくリラックスすることができれば、自律神経を司る副交感神経が活発になります。

副交感神経が活発になることで、腸の動きは良くなり栄養をしっかり吸収できるようになります。

もちろん免疫力もアップすることができるようになるのです。

「with コロナ社会」では、「免疫力」「腸内環境」「自律神経」の3つの要素をバランスよく作用させることを心がけていきたいものです。

追伸) 心と身体の健康について不安がある人は、ご気楽にご相談ください。
    お問い合わせはこちらまで   
    https://forms.gle/bd8jz85PjNSZGZ887

3881829_m.jpg


 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR