過去の延長が未来ではない


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

どうしても過去に大きな失敗をしたことがあると、「今度も同じようにうまくいかないんじゃないか」と思ってしまうことはよくあります。

不思議なことに、それまで順調に進んでいたことだったとしても、そうした不安が頭を占めてくると、なんとなく停滞したり逆行したりすることがあります。

「やっぱり今度も同じようにダメかもしれない」

そうした不安が自分のそれまでの行動を停滞させてしまうのです。

このように自分の心にブレーキをかけてしまうことを「メンタルブロック」と言います。

こめ「メンタルブロック」は、気づかないうちに自分の心にブレーキをかけてしまうことがあるのでかなり注意が必要です。

「目標を達成したい。自分を変えたい。行動を起こしたい」と思う一方で、「自分にはできない。無理かもしれない」と感じてしまうので、心の中がモヤモヤしたまま踏み出せなくなってしまうのです。

この「メンタルブロック」の正体は、「思い込み」なのです。

「〇〇な気がする」という思い込みが、いつの間にか自分の中で事実として信じ込まれてしまうのです。

この厄介なメンタルブロックをどうやって外していくのかというと、まずは自分の中にある「メンタルブロック」を特定することから始めないといけません。

いわゆる「自分の思い込みの癖」に気づくことが必要になります。

なんかモヤモヤしてしまったり、なんか不安が大きくなったりした時に、何が自分の抵抗を産んでいるのかを洗い出してみることが大切です。

自分の「メンタルブロック」に気づいたら、それを無理に外していこうと言っても無理です。

まずは自分の「メンタルブロック」を受け入れて、それを少しずつ望ましい思い込みに置き換えていくことが必要です。

「メンタルブロック」を外すためには、小さな行動の積み重ねで変えていくしかありません。

例えば、「人と会話するのが苦手だ」と思い込んでいる人は、簡単な挨拶を交わすことから始めていくというように、自分にできる簡単な行動を少しずつ積み重ねていくことでメンタルブロックを外していくことができるのです。

ある人と会話しているときに、こんな話が出てきました。

「過去の経験が今を作っているかもしれないけど、過去の経験が未来を作るわけじゃないんですよ。
未来を作るのは今の行動とこれからの経験なんです。だからダメだなんて勝手に自分の限界を作らないで、今できることに焦点を当ててみてください。きっと未来が大きく変わりますよ」

その人は過去にとんでもないどん底から這い上がって大きく成功した経験を持った人物なのでとても説得力のある言葉でした。

「私にできたことだから、きっと誰でもできるはずです」

なんとなく自分で限界を感じてしまうことはよくあります。

自分の限界を作っているメンタルブロックに気づいて、自分にできる行動を積み上げて、明るい未来を創造していきましょう。

4677825_m.jpg

 

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR