一念、岩をも通す


From 吉永 信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

「一念、岩をも通す」という諺があります。

どんなことでも一途に思いを込めてやれば成就するということです。

この言葉は中国の歴史書「史記」の一説に由来する故事になります。

前漢の将軍である李広が草の中にあった石を虎と見誤って、必死に矢を放ったところ、矢が見事に石に突き刺さったという話から生まれた諺です。

何か大きなことに挑戦するときの意気込みや心構えとして使われる言葉です。

何事も本気になって取り組めば、やってやれないことはないということですね。

逆に、毎日の仕事を決まったことだけを決まった時間にこなしていくと、段々と惰性で気持ちの入らないものになっていくことがあります。

「雑な気持ち」で仕事に取り組むことで、それは「雑用」になってしまうんだと言われたことがあります。

確にそうですよね。

同じ仕事や活動でも、そのやる本人の気持ちの持ち方次第で、「岩をも通す」仕事になるのか、単なる「雑用」となってしまうのかという大きな違いが生まれてきます

ちょっとしたことでも心を込めて本気でやることで仕事の質が大きく変わってくるということですね。

一流の職人さんの作品は、細部まで気を抜かず本気で丹精を込めて作り上げるので、たくさんの人の心を動かすものになるのです。

私たちはどうしても安きに流されてしまいがちになります。

「一念、岩をも通す」といった気概を持って本気で心を込めて取り組むことで、自分を成長させる何かが掴めてくるのかもしれません。

「心を込めて本気でやること」

自分に言い聞かせて毎日を過ごしていきたいと思います。

4070658_m.jpg



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR