七夕ですね


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

7月7日は七夕です。

七夕では、笹の葉に願い事を書いた短冊を吊るして願い事が叶うのを祈ります。

みなさんは絶対に叶えてみたい願い事はありますか?

短冊にいっぱい願い事を書き込んで、夜空の星に願いを託してみましょう。

さて、七夕と言えば天の川を渡って織姫と彦星が年に一度出会える日です。

織姫と彦星の2人は働き者であったにもかかわらず、結ばれた途端に怠惰になってしまったことが天帝の怒りに触れてしまい引き離されてしまいました。

そんな織姫と彦星を哀れに思った神様が、年に一度、七夕の日だけ2人が会うことを許しました。

そのために2人は七夕の日のために頑張って仕事をするようになり、七夕の日だけ愛する人との再会を果たすことができるようになったという話です。

そんなロマンティックな七夕ですが、日本に一つだけ「織姫」を祀った「七夕神社:があるのをご存知ですか?

「七夕神社」は、福岡県の久留米市と太宰府市の中間点くらいに位置する小郡市にあります。

正式名称は「媛社(ひめごそ)神社」と言う名前ですが、1300年以上の歴史がある「風土記」にも記載されている由緒正しき神社です。

この「媛社神社」には「織女神(正式名称:万幡秋津師売命/よろずはたあきつしひめのみこと)という女性の神様が祀られています。

そして「宝満川」という川を挟んで、この「媛社神社」の反対側には「老松宮」という牽牛(彦星)をお祀りするお宮があるのです。

「媛社神社」には織姫が祀られ、「老松宮」には牽牛が祀られていて、2人の間を隔てるように宝満川が流れている。

まさに「七夕」のお話と同じですね。

いつしか「七夕神社」として親しまれるようになったようです。

そして、この「七夕神社」のご利益が何かというと、女性に関係するご利益があるようです。

それは、「髪が美しくなる」ことと「機織りが上手くなる」ことだそうです。

まさに女性の魅力をランクアップしてくれそうな御利益ですね。

もちろんプロポーズに相応しいスポットとして、2013年に「恋人の聖地」にも選定されています。

みなさんも福岡県に行った時には、ロマンティックな「七夕神社」にも足を運んでみてください。

3686341_m.jpg 
 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動しています。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR