身体の中心を意識する

 

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県うきは市

「今ここ」に集中するために「瞑想」を行うことはとても効果があります。

瞑想は仏教の開祖ブッダが始たと言われています。

仏教の教典の中で、瞑想について次のようなことが書かれています。

「見るものは見ただけで、聞くものは聞いただけで、感じたものは感じただけ、考えたことは考えただけでとどまりなさい。」

これは「自分が、今、ここにあるということだけを感じなさい」ということです。

私たちは考えても仕方のない過去の失敗への後悔と、まだ起こってもいない未来への不安で頭がいっぱいになってしまうことがよくあります。

考えチェもしょうがない余計なことを考えすぎて、ストレスをためたり脳を披露させてしまったりしてしまうのです。

瞑想は「今ここ」に意識を集中させることで、脳の疲れを癒していく方法なのです。

近年の脳科学の研究でも、瞑想がストレスを減らし、集中力や想像力、仕事の効率をアップさせることがわかっています。

世界の一流の企業でもクリエイティブな発想をうみだすために瞑想を取り入れているところが多くあります。

瞑想をするときに、冷静さや集中力を高めるときに使える方法が、身体の中心を意識する「センタリング」です。

「センタリング」は立ってでも座ってでもできるのですが、背筋をまっすぐにして身体の中心線を意識します。

そしてへその下10センチくらいのところにある臍下丹田に意識を向けるようにします。

この一点に集中することで、何事にも動じない心を手に入れることができます。

世界のホームラン王である王貞治氏が、この方法で集中力を高めていたそうです。

武道の世界でもこの臍下丹田に意識を向け集中することで、どんな逆境にも動じることのないない不動心を身につけてきた達人が数多くいます。

丹田を鍛えることでハラが座り生命力が湧いてくると言われています。

1日5分から10分程度の時間でも十分なので、「心静かに座し。自分を見つめ、自分の中心を意識してみる」ことをするだけで、とんでもない力が発揮できるようになるかもしれません。

「心を整える」習慣も大切にしたいものです。

4001205_m.jpg

 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR