「なんで?」よりも「何を?」を考えなくては


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県豊前市

5月12日から福岡県で発出されていた緊急事態宣言が解除されます。

6月21日から7月11日までの期間は、まん延防止等充填措置に移行されます。

運動教室を開催している会場の中には、その期間中、休館になってストップしなくてはならないこともあるので正直大変です。

「なんで何度も延長するんだ」とか、「なんでこんなに我慢しなくちゃいけないんだ」とか「なんでこんなふうになったんだ」いうように思ってしまいます。

大変なことに巻き込まれたり、面倒なことが起こったりしたときに、こんなふうに理由探しをしてしまいます。

でも、「なんで?」と考えて、他の責任に転嫁しようとしたところで、結果が変わることはほとんどありません。

「なんで?」といった思考から離れないと、行動に移すことが難しくなってしまいます。

「今、自分は理由探しにハマってしまっているな」と自覚できたときは、思考をこんな風に切り替えるようにしたいと思っています。

それは、「じゃあ、まずは何をすればいい?」というふうな問いに変えてみます。

そうすることで、解決に向けての具体的な方策に目が向くようになるからです。

具体的な方策がイメージできることで、実際の行動に移すことが容易になります。

例えば、部屋が散らかっていてどうしようもない状態なんだけど、なんとなく面倒でそのままにしてしまっているとします。

「なんで、こんなに散らかってるんだ?」と、理由を探ってみても行動に移すことができません。

でも「じゃあ、どうしたらいいのかな?」と思考を手立ての方に向けるだけで、
「少しずつ片付けてみようかな」と具体的な行動に目が向きやすくなります。

このように解決のための手立てを具体的に考えることが、実際の行動に移すスタート地点になるのです。

忙しいとき、大変なとき、面倒なとき、やりたくないとき

そんなことは私たちの周りにはいくらでもあります。

そのときに「なんでやらなくちゃいけないのかな?」と考えるよりも、
「まずは何をしなくちゃいけないのかな?」と考えた方が事態が改善されていくので、メンタル的にも前向きになれると思います。

コロナ感染リスクはまだまだ高いので、これからもどんな状況になるのかは全く予測できません。

だからこそ「この状況で自分に何ができるのかな?」と、自分を奮い立たせて何かしらなの行動を起こすように意識を向けていこうと思います。

4510754_m.jpg


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR