できるようになるまでやればできる

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

「もう1回だけやらせて欲しい」

たくさんの子どもたちに運動指導をしていますが、うまくできなかったことが悔しくて、うまくできるようになるまで挑戦しようとする子どもたちがいます。

パナソニックの創業者である松下幸之助氏が、
「失敗したところでやめてしまうから失敗になる。
成功するとことまで続ければ成功になる。」という言葉を残しています。

自分の明確な目標ができたら、困難や障害があっても挫けたり諦めたりしないで、コツコツと努力を続けていれば、いつかその目標に到達できるという意味です。

子どもたちが難しい課題に直面したときにどんな風に思うのかは、次の二つのタイプに分けることができます。

ひとつは「よし、頑張ろう!」「やってみよう!」と行動の意欲を燃えたぎらせるタイプです。

そして、もうひとつはは「どうせ、できない!」「自分には無理だ!」と心が折れてやる気を失うタイプです。

誰でも何かにチャレンジしたときに、簡単にできなくて落ち込んでしまうことはあります。

そのときに「できなかった」と諦めてしまうのか「またやってみよう」と再び立ち上がっていくのかは、もしかすると大人の働きかけ次第で変わってくるのかもしれません。

大人はついつい子どもの「できる」「できない」に目を向けてしまうことがよくあります。

言葉には出さなくても、大人が落胆している姿を子どもはしっかりと見ていて、それを感じとってしまうことになります。

大人の落胆している姿を感じ取って子どもは、「自分はやっぱり駄目なんだ」と思い込んでしまって、自信を失ってしまうことも少なくありません。

子どもにとっては、自己肯定感が持てるかどうかはとても大切です。

そして、その自己肯定感は周囲の人の言葉かけや自分に対する態度が大きく関係してきます。

自己肯定感が高い子どもは、情緒も安定して意欲的に挑戦しようとする態度が育っていきます。

逆に自己肯定感がそれほど高くない子どもは、情緒不安定になりやすくなったり、すぐにあきらめたりすることもあります。

大人は子どもの「できる」「できない」といった結果だけに目を向けてしまったり、他の子どと比較して優劣をつけるのではなく、努力しているプロセスそのものやその子自身の成長具合をしっかり認めてあげることが自己肯定感を育てることにつながります。

子どもは自己肯定感が高まることで「またチャレンジしてみよう」と思うようになります。

諦めないでシャレンジを続けることで「できるようになるまでやればできるんだ」という経験をして、自分に自信をもって挑戦していく力がさらに伸ばすことができるんだと思います。

1851705_m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

リラクゼーション店「りらくる」

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

肩こり、首こり、猫背に

姿勢補正、腰痛の悩みに

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR