5月5日は子どもの日

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県大分市

ゴールデンウィークの最終日は5月5日の子どもの日です。

大分市のサイクルショップコダマ大洲アリーナでの無料イベントに参加してきました。

今回の無料イベントは、新型コロナウィルス感染防止対策のために館内やホームページでの告知のみで事前予約制での開催になりました。

それでも、ゴールデンウィークの最終日を身体を思いきり動かして楽しみたちという4人の元気な男の子が参加しました。

レッスン開始の15分前に入ってきた男の子は会場に流れるビートの強い音楽を聞くと、それに合わせて自分でダンスを踊り始めました。

「いつも家でもノリのいい音楽が流れてるとこうやって踊りだすんですよ」と、お母さんが話してくれました。

ビートの強い音楽を聞くと勝手に身体がそのテンポに合わせて動き出すようになります。

これは、ビートが脳の運動野を直接刺激するために素早く脳を運動できる状態にするからです。

そして、テンポのいい音楽は気持ちも明るく前向きにしてくれます。

参加者全員が集合したところでレッスンが始まりましたが、45分間、テンポのいい音楽にのって笑顔で一生懸命にリズムジャンプトレーニングに取り組んでいました。

「汗びっしょりになった」
「楽しかった」
「もっとやりたかった」
「難しかったけどできた時はすごく嬉しかった」と、
こんな感想を伝えてくれました。

何よりも、運動した後の爽快感で満たされた子どもたちの表情が私にも元気を与えてくれました。

「GWも今日で終わりだ」と言いながら、帰り支度をするお子さんのセリフも印象的でした。

さて、参加してくれた子どもたちとは全く無縁な話だと思うのですが、実は、このゴールデンウィーク明けは、子どもたちにとって注意が必要な時期になります。

あ、これは子どもたちに限らず、私たち大人も注意しなければいけない時期になるので気をつけてください。

それが、何かというと、いわゆる「5月病」です。

5月病は、GW後に、学校や会社に行きたくないなとか、なんとなく体調が悪いなとか、授業や仕事に集中できなくなるといった症状があらわれます。

これらの不調が原因となって、欠席や欠勤が続くことになるケースも少なくないのです。

この5月病は4人に1人が経験するというくらいよくある症例です。

そして、この5月病の主な原因はストレスです。

5月病の対策は。「ストレスの原因を避ける」ことか「ストレスをありのままに受け入れる」ことに分けられそうです。

ストレスは知らない間に人の心や身体を蝕んでいくので、日頃から自分の状態をチェックしておくこともとても大切になります。

さらに、日頃から趣味をもったり、運動習慣をつけたり、規則正しい生活習慣を確立しておくなどストレス対策の予防も大切になります。

今日、子どもたちと一緒に身体を思い切り動かせたことで、私自身も休暇モードから身体的にも精神的にもリセットされて気合が入った気がします。

やっぱり運動することは、とても大切だなということを再認識しています。

さあ、みなさん。

5月病に負けないで、新鮮な気持ちでリスタートしましょう。

どうしても気持ちが乗らない時は、ぜひ、リズムジャンプをやってみてください。

身体も心も前向きになりますよ。

4626844_m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR