運動神経は大人になっても身につきます

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

運動のパフォーマンスを向上させるためには、頭の中に思い描いたスムーズな動きができることが必要になります。

そのためには、効率よく力を発揮したり自分の身体をうまくコントロールする力を上げなくてはいけません。

人間は身体を動かすときに、脳から「〇〇を動かせ!」という命令を出します。

その命令が神経を伝わっていき、目的の動作を引き起こす部位に伝わり動作をすることができます。

また全身のあらゆる筋肉を連動させて一つの運動動作を引き起こすことで、無理のない負担のかからない動作が可能になります。

このようなうまく身体を使う能力は、筋力の問題ではなく神経系の能力になります。

そして神経系の能力は幼少期に行った方が良いと言われています。

これは神経系の機能が向上しやすいのが12歳前後までと言われているからです。

でもそれらの能力が大人になっても全く向上しないというわけではありません。

大人になっても継続することで、確実に身体に染み込ませることができるようになります。

もちろん子どもの頃と比べると、身体が覚えこむまでに時間がかかると思います。

もちろん幼少期の頃でも、一回やってみただけでできるようになるというものではありません。

定期的に何度も何度も繰り返して行うことで、その動きがよりスムーズにより自然にできるようになっていくのです。

これは元気シニア向けのリズムステップ教室の中でも、参加者さんが全くできなかった動きだったのが、継続して取り組んでいく中で、動きがしなやかになって身体を自然に使えるようになっていくのがよくわかります。

身体の不調が姿勢の悪さや身体の使い方が原因になっているケースは少なくありません。

歳をとって体に色々な問題が出てしまってから取り組むのではなくて、少し早めに健康づくりに取り組んでいく必要性を強く感じています。

大人になってからでも、神経系の能力を向上させることができます。

神経系の能力を向上させることで元気に健康寿命を伸ばしていくことができるので、みなさんも早めに取組をスタートさせていきましょう。

3669075_s.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動しています。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR