笑いの効果

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県行橋市

サンワークゆくはしでの「リズムステップ教室」は参加者のみなさんの笑い声が絶えません。

職員の方から「みなさん本当に楽しそうにやってますよね。みなさんの楽しそうに笑っている声がここまでよく聞こえてきますね。」と感心していました。

そして「参加者のみなさんも終わった後は、とても充実した表情で満足して帰っていただいていますね」と言ってくれました。

なかなか普段の生活の中で笑う機会も少なくなっているので、参加者のみなさんにこのように心から笑えるような時間を提供できることはとても嬉しいことです。

笑うことは心も身体も元気にしてくれます。

笑うことで、体内に侵入するウィルスなど体に悪影響を及ぼす物質を退治してくれるNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを活性化するのです。

私たちが笑うと、免疫のコントロール機能を司っている間脳に興奮が伝わって、情報伝達物質の善玉ペプチドが大量に分泌されるそうです。

この善玉ペプチドが血液やリンパ液にのって全身に運ばれてNK細胞の表面に付着して活性化します。

その結果、がん細胞やウィルスなどの病気のもとを次々に攻撃するので免疫力が高まるというわけです。

逆に、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受けたときには、NK細胞の働きは鈍くなって免疫力もパワーダウンしてしまうらしいです。

笑いの効果は、免疫力を高めることだけではなく、他にもさまざまな良い効果があることもわかっています。

まずは「脳の働きの活性化」です。

笑いによって、脳波の中でもα波が増えて脳がリラックスすることに加えて、意思や理性を司る大脳新皮質に流れる血液が増加するために、脳の働きが活発になります。

そして「血行の促進」です。

思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態になるので、体内に酸素がたくさん取り込まれるために地の巡りがよくなり、新陳代謝も活発になります。

さらに「自律神経のバランスを整える」ことができます。

自律神経は、体を緊張モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があります。

通常、起きている間は交感神経が優位になっていますが、笑うことで交感神経が促進し、その後、急激に低下することでリラックス効果をもたらすので、交感神経と副交感神経のスイッチが頻繁に切り替わることになって、自律神経のバランスを整えることができます。

これ以外にも笑いの効果はたくさんありますが、笑いが心も身体も元気にしてくれることは疑う余地がありません。

毎日、毎日、不安や心配事の多いニュースが溢れているからこそ、このような心から笑える時間がとても貴重なものだと感じています。

今、コロナウィルスの変異株が全国的に猛威を奮っている状況なので、危機感を持って感染対策をしていく必要があります。

これから各自治体でもワクチンの接種が始まっていくことになりますが、まだまだ油断はできません。

早く治療薬も開発されて、日常的に笑いの絶えない生活が戻ってくることを心から願っています。

今はかなり大変な時期ですが、小さな出来事の中にも笑いの種を見つけていけるようにしたいものです。

3253443_m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動しています。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR