休息をとること

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

新型コロナウィルスの感染者が国内でも急激に増加して3度目の緊急事態宣言が発令されました。

大分県でも数日間連続で過去最多の感染者数を更新してきているので、日田市で開催を予定していたリズムステップ講習会を延期することにしました。

少し時間にも余裕ができたので、午前中に緊急でやらなければいけない仕事を済ませて、午後からは少しレッスン時間まで自宅でのんびり過ごすことにしました。

さて、これからゴールデンウィークを迎えますが、今の状況では人の集まるところへの外出は控えたいので、どんな風に休日を過ごすのかも少し工夫が必要になってくると思います。

休息といえば、家でゆっくりとゴローンと寝転がって睡眠したり、身体を休ませたりすることをイメージする人も多いと思いますが、これを消極的休息と呼びます。

肉体的な疲労があるときや体調の悪さを自覚できるほど疲れているときには、消極的休息がおすすめです。

これに対して、スポーツ界などで実践されている積極的休息というものもあります。

積極的休息は、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動で血液の循環をよくして、疲労物質の分解をスムーズにして疲労の回復を早めることができます。

アスリートでない人も、自分の楽しいと思えるやりたいことをやって、精神的にリフレッシュすることも積極的休息になります。

休日に、ゴルフやサイクリングなどで楽しむことも、肉体的には疲労するかもしれませんが精神的にはリフレッシュできて、次の仕事に向かっていくエネルギーも湧いてくるので積極的な休息になります。

現代社会での生活はストレスもたくさんあって脳を疲れさせてしまうもので溢れています。

自分がやりたいと思うことや心から楽しいと思えることをやることは、精神的にリフレッシュすることに加えて、脳の負担を軽減し脳を休ませることにもなります。

ストレスを強く感じる時や、休日のスイッチに切り替えたい時は、積極的休息がおすすめになります。

休日には身体の疲労回復と脳の疲労回復の両面から、消極的休息と積極的休息をバランスよく取り入れることも大切になります。

なかなか思うように外出ができなくて好きなことができないとストレスを抱えている人もいるかもしれませんが、自分の新しい楽しみを見つけるチャンスだと思って、休日の過ごし方を工夫してみてください。

76966_m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR