ラムネ温泉

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県竹田市

おんせん県おおいたには、いろいろな泉質の温泉があります。

今日は長湯温泉の「ラムネ温泉」に行ってきました。

長湯温泉は世界でもトップクラスの炭酸含有率を誇ります。

長湯温泉の中でも人気のある「ラムネ温泉舘」は、おとぎ話に出てくるようなメルヘンチックな建物とかわいいキャラクターの看板が目印です。

券売機でチケットとキャラクターのタオルを購入して、温泉の方に向かいました。

脱衣所から小さな扉を屈んでくぐり抜けると内湯があります。

内湯は42度くらいの温泉ですが、高濃度の炭酸が含まれているようです。

少しぬくもった後に外湯に行くと名物のラムネ温泉があります。

温度は32度で少し冷たいです。

炭酸含有率が1380ppmと世界でもトップクラスの炭酸泉です。

お湯に浸かると、体中が泡で包まれていきます。

銀色の小さな粒が身体中にくっついてきます。

この泡が炭酸でまるでラムネのようにシュワシュワした感じに包まれます。

この温泉に入っていると、炭酸ガスが皮膚から吸収されて血流を促進してくれるそうです。

心臓への負担を軽くして高血圧や動脈硬化にも効果があるそうです。

ゆっくりと浸かることができたので、日頃の疲れやストレスも一緒に溶けていったような気がします。

外湯の温度が低いので少し寒い気もしました。

暑い季節になってから、もう一度訪れてみたいなと思います。

温泉はやっぱりリフレッシュにはもってこいです。

長湯温泉を訪れた時には、炭酸泉で泡に包まれてみてください。

401084_m.jpg
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR