寒波に負けずに頑張ろう

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

とんでもない寒波です。

こんなに冷え込んでしまうと身体の血の巡りも悪くなってしまい、なんとなくやる気も起きなくなってしまいます。

こんな寒い時にも効果があるのが、全身の血のめぐりをよくして身体をポカポカさせる方法です。

血流がよくなって身体がポカポカになってくると少しニコニコした表情になって、気持ちも前向きになってきます。

さらに体温が温まることで、腸も温かくなってその働きもよくなっていきます。

人間の免疫の80%は腸の免疫力に依存しているので、体温が上がることで腸の機能が高まり、免疫力が上がっていくというわけです。

全身の血の巡りをよくして身体をポカポカさせることのできる方法のひとつとして、グーパー体操がおすすめです。

いつでも、どこでも、簡単にできるの試してみてください。

グーパー体操は「握る」と「開く」をテンポよく繰り返すだけの簡単なエクササイズです。

両手のグーパー体操、足指のグーパー体操、腕のグーパー体操、脚のグーパー体操、全身を使ってのグーパー体操、顔面のグーパー体操と、全身のあらゆる部位を意識して「縮めて、開く」を繰り返すだけで、簡単に身体はポカポカと温まっていきます。

つま先立ちやつま先歩き、踵の上げ下げ運動を繰り返すことも、ふくらはぎの筋肉が刺激され、全身の血流が一気によくなってポカポカと温まっていきます。

スロースクワット運動もすぐに身体が温まるので、やってみることをお勧めします。

そして、呼吸法もお勧めです。

「鬼滅の刃」のブームで、呼吸法にも注目が集まっていますが、実際に呼吸を深くすることも、全身の血流をよくするためには効果があります。

ストレスが多い時にはどうしても呼吸が浅くなってしまいがちなので、1日のうちに何度かは呼吸に意識を集中させることも、実はすごくいいことです。

「全集中、○の呼吸」ではないけれど、
「吐くときに息を十分に吐き切る」や「臍下丹田を意識して呼吸する」など自分の呼吸に意識を向けることで、さらに健康な心身を作るにはとても効果が高いので試してみてください。

コロナ感染拡大や大雪の影響でストレスの溜まりやすい生活を強いられますが、ちょっとしたことを意識するだけでもストレスの軽減や前向きな心を保つのに役立つことがあります。

さらに自分で自覚できる小さな変化は、やればやるほど意識できるようになるし、意識できればできるほど、やりがいも湧いてくるものです。

寒いからこそ、自分で全身を温めて、やる気を沸かしていくことが必要になります。

寒い冬を耐え忍ぶことができたら、必ず暖かい春が訪れるので、それまでは自分にできることに集中して頑張っていきましょう。

3241374_m.jpg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動しています。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR