意思あるところに道は通じる

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

あけましておめでとうございます。

2021年が私たちにとって素晴らしい1年になることを祈念しています。

元旦は、私たちにとって大きな節目の1日になるので、強い決意を持って新しい目標を設定するのにはもってこいの1日です。

私は初詣に参拝したときに、ゆっくりと神殿に手をあわせてこの1年間の目標を心に刻むようにしています。

目標をはっきりと宣言することはとても大切なことです。

自分にどんな言葉をかけていくかで人生は変わるとも言われています。

ネガティブな言葉がネガティブな感情を生み出すし、前向きな力強い言葉を自分にかけることによって、勇気が湧いたり、行動へのエネルギーが生まれてきます。

自分の心と対話するときに、自分に向けてかける言葉かけはとても重要なポイントになります。

ここで注意していることが「〇〇したい」とか「〇〇するつもりだ」とか「〇〇しないといけない」というような言葉は絶対に使わないようにしています。

このような目標にしてしまうと、実際には自分のやりたいことではないこともあるので、いざやろうとした時にやる気が出なかったり、後回しにしたりするようになって、結局は口だけの目標になってしまうことがあるからです。

そこで、目標を力強く宣言するようにしています。

「私は〇〇だ」とか「私は△△して〇〇になる」とか、できるだけ自分の意思や未来像をイメージできるような言葉を自分にかけるようにしています。

自分の内側から湧き上がる「やるぞ」という意思を確認したら、「何でそれをやるのか?」という自分なりの理由を確認するようにしています。

目標に対しての理由が強ければ強いほど、目標を達成するための行動へのエネルギーも強くなるものです。

さらに、自分の中での目標が明確になればなるほど、目標に向かう道筋もはっきりしていくことになるます。

新年の目標設定は、カーナビで言えば「目的地」の設定みたいなものですね。

目標に至るルートは、何通りもあります。

「目的地」さえわかっていれば、必ず正しい方向へ向かっていけます。

もしも途中で間違えた道を通っていたとしても、リルートすることもできるので、いくらでもやり直しがきくようになります。

年によっては「目標」そのものが間違ってしまうこともありますが、そんな時でも気づいた時には、正しい目的地を再設定すればいいだけです。

お正月は自分の決意を確かめるのにもってこいの機会です。

どんな自分になるのかを明確にして自分の意思をしっかりと確認してみましょう。

「意思ある所に道は通じる」

2021年の目標を明確にして素晴らしい1年にしていきましょう。

4000168_m.jpg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR