やばい場所

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県宮若市

先週の土曜日にWOWOWで映画「犬鳴村」を放映していました。

舞台は福岡県にある日本屈指の心霊スポットで知られている旧犬鳴トンネルが舞台です。

映画にも出てくる旧犬鳴トンネルはトンネルに向かう旧道の入り口に柵があり通行できないようになっています。

そして旧犬鳴トンネル自体の入り口もブロック塀で入り口を塞がれて気味の悪い雰囲気を倍増させています。

しかし、この犬鳴トンネルにいった事のある人からはリアルに恐怖体験に遭遇したという話を聞きます。

「車でいった時にトンネルの向こうから女の人がこっちに向かってくるのが見えたので、急いで逃げようとしたところ車のエンジンがかからなくなって、やっとエンジンがかかり必死で逃げたところ、あとで確認したところ車のガラスに手形がいっぱいついていた。」

「トンネルの中に入ってみると、ハイヒールのコツンコツンという音が響いてきたので、一目散に逃げ出した。」

これは私の2人の知人が実際に体験した恐怖体験です。

2人とも「あそこは本当にやばいから、絶対に行かない方が良いですよ」と念押しするように言っていました。

この旧犬鳴トンネルでは、1988年に不良少年グループが地元青年をリンチの末に焼き殺したという悲惨な事件が起きたり、面白半分で肝試しに行った若者が自動車事故で死亡や重軽傷をおうというケースもたくさんあったそうです。

さらに、「この先、日本国憲法つうじません」という立て札が掲げられて、日本であって日本でない村「犬鳴村」が存在するという噂もあります。

そうしたたくさんの恐怖体験や事件から口コミやネットで犬鳴村にまつわる噂が拡散していきました。

映画「犬鳴村」はこの村を題材にしたホラー映画です。

流石に映画館に行ってまでみようとは思いませんでしたが、WOWOWで放送することが決まり楽しみにしていました。

映画のストーリーにつてはネタバレになってしまうので控えておきます。

そんなこともあって、行橋から飯塚経由で久留米に向かうのですが、今回は、犬鳴峠を超えるルートを選択してしまいました。

もちろん心霊現象のある旧犬鳴トンネルではありません。

交通量の多い新犬鳴トンネルです。

通りながら封鎖されている旧犬鳴トンネルへの入り口が確認できましたがやはりかなり不気味な感じです。

でも心霊スポットの面白半分で行くのは、やはりやめておいた方が良いですね。

なんとなく肩が重くなったりとか頭痛がしたりしてしまいます。

犬鳴峠はかなりやばい場所のように思えました。

2887941_m.jpg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR