緊急ではないけど重要なこと



From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

世界的なベストセラーになった「7つの習慣」という本の中に、最優先事項を優先するというものがあります。

そこには、自分の目標を達成させるために最も優先すべきことに時間を割くことの大切さとその原則について述べられています。

時間管理とタスクの振り分けをするときに4つの領域に分けて考えるとよいういうものです。

4つの領域は、緊急度の高低と重要度に高低によって振り分けられることになります。

4つの領域は、第1象限から第4象限に以下のように振り分けられます。

第1象限は、「緊急」かつ「重要」こと

第2象限は、「緊急」ではないけど、「重要」なこと

第3象限は、「緊急」だけど、「重要」ではないこと

第4象限は、「緊急」でも「重要:でもなりこと

私たちは普段の業務では、この第1象限と第3象限の「緊急」なことに振り回されてしまうことになります。

そして、いつも慌てたり焦ったりプレッシャーがかかったりして、大きなストレスを抱えてしまうことになるわけです。

この本の中では、本当に重要な活動は「緊急」ではないが「重要」な第2象限の活動にあると言っています。

第2象限の主な例は、人間関係づくりや予防行為、自分を磨く学び、準備や計画。適度な息抜きに当たります。

第1象限は、危機や事故、締め切り直前のタスク、クレーム対応、やらなければいけない業務になるわけですが、これらに振り回されてしまうのは、第2象限の「周到な準備と計画」を怠った結果であると言えます。

緊急事態は思わぬ形で起こってしまうことがあります。

それでも、そんな時に冷静に対処できるのは、いかに日頃から第2象限に時間を割いて、自分のキャパをほろげて置けるかどうかにかかってくるというわけです。

コロナ感染の第6波で蔓延防止等充填措置の延長が検討されています。

思ったように活動できないこんな時期だからこそ、今は第2象限の「緊急」ではないけど、「重要」なことにしっかりと時間を割いて、刃を磨く必要がありそうです。

読書で知識を手に入れるのもよし、スキルを磨く時間をたっぷりとってもよし、人間関係を良好に構築していくのもよし

今だからできることにフォーカスして、近い未来に備えておくことが大切だと思います。

こんなに長く制限がかかると心が折れてしまいそうになりますが今は我慢です。

「緊急:ではないけど「重要」なことに、自分の時間を使っていくようにしたいものです。

3383788_m.jpg


 

継続は力なり


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

「継続は力なり」とはどんな人でも知っている言葉だと思います。

どんなことでも本物の力を養っていくためには、コツコツとした努力を継続していくことが大切だと言うことはわかっていることです。

でも実際には継続することはとても難しく、途中で挫折しまうことが多いのも事実です。

勉強、ダイエット、禁煙、運動習慣、夢の実現などなど

決意して実行に移したものの、それが長続きせずに3日坊主で終わってしまったという経験は誰にでもあると思います。

なかなか継続できない理由として考えられる原因の一つは、「ハードルが高すぎる」と言うことです。

チャレンジを始めたのはいいものの、やってみた時に自分ができそうにないなと思った時には、「自分には無理だ」と諦めてしまうことになりかねません。

「ちょっと頑張ったらできそうかな」というくらいに低めのハードルを設定した方が取り組みやすくなります。

そして上手くいかない原因の一つとして、「やることが絞れていない」というものもあります。

頭の中で計画した時には、「あれもやらないといけねい、これもやらないといけない」とたくさんのやらないといけないことがリストアップされると思います。

でもこれらを全部、一度にやるのは無理な話なのです。

だから、まずは「やることを絞る」ことが大事です。

ある程度できるようになってから、次のステップに移るというようにした方が良さそうです。

私もよくあることなんですが、あれもこれもやろうとして、結局、どれも中途半端になってしまうことがあるので注意が必要です。

そして継続するときに、しっかり記録をとるというのも重要な要素になります。

これは、できたかできないかを、○△×で書いていくだけでも効果があります。

それだけでも続けていく理由になったりするので、毎日の記録というのは大切になります。

自分が設定した目標をクリアしていくと、脳内からドーパミンが分泌されることになります。

ドーパミンが分泌されることによって継続のモチベーションが湧いてくることになります。

「継続は力なり」

口で言うのは簡単ですが、実際に継続することはかなり難しいことです。

逆に言えば。しっかり継続することができれば、確実に成果を上げることができます。

やっぱり「諦めないでコツコツと続けること」

これが大切ですね。

22007903_m.jpg

 

 

やる気が出るのを待ってもダメな理由

 

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

「やる気になったら始めよう」と思うことがあります。

でも、やる気になるのを待っていてはいつまで経っても始めることができなくなるのです。

やる気になるのを待っていて、10分、20分とダラダラと時間だけが過ぎていって、結局、何もできなかったという経験をした人は少なくないと思います。

それもそのはずです、そもそも「やる気」なんてものはやらないと起きないものだからです。

やり始めた時に「やる気」になったと言えるのです。

つまり行動が先で、気持ちがその後についてくるわけです。

なんだかニワトリと卵のどっちが先だという話みたいな感じになりそうですね。

ただ、やり始めたときがやる気になった時なので、やる気になるのを待っているだけではどうにもならないということです。

やる気を出したちと思った時は、難しいことを考えないで、やり始めることが大切なのです。

やり始めれば、少しずつ調子が出てきて、やる気が高まっていくことになるのです。

「なんとなくやる気が出ない」時には、やる気になるのを待っていてもダメです。

とりあえずやり始めることが、やる気を高める方法だからです。

なんでもそうですが、やり始める時には少しい大きなエネルギーが必要になります。

一旦、やり始めると、次第に調子が上がっていって国なくできていくようになります。

これが自転車に乗る時と同じようなものです。

漕ぎ始める時には大きな力が必要ですけど、一旦、動き始めると、あとは流れに乗って楽に走っていけるのです。

やる気がなかなか起きない人は、やり始める儀式を作るのもいいかもしれませんね。

プロレスラーが入場するときに、テーマ曲に乗って自分を高めて、独自のポーズで自分を鼓舞していきます。

それと同じように、やる気が出ない時は、自分を鼓舞する音楽を流してパワーポーズを決めると言うのも案外効果的かもしれません。

とにかく、やる気を出すにはやり始めるしかない。

気持ちが思い時には、まずは体を動かしてみましょう。

気持ちはその後についてきて、少しずつ調子が上がっていくと思います。

839161_m.jpg

 

 

褒め言葉の3S


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

褒め言葉の3Sというのがあるそうです。

3Sとは「すごいね」「さすがだね」「素晴らしいね」の3つの頭文字をとったものです。

私たち日本人はどちらかというと褒めるのが苦手だという人が多いようです。

こんな褒める言葉が自然と出るようになるには、もしかすると練習が必要になるかもしれません。

そして、驚いたことに、この褒めることの検定試験まであるそうです。

これは一般社団法人日本ほめる達人協会というところが認定している資格みたいです。

この検定には3級、2級、1級があって、5万人を超えるたくさんの人がこの資格を取得しているようです。

それだけ、私たち日本人は褒めることがあまり得意じゃないのかもしれません。

しっかり褒めるためには相手のことをしっかりと観察しなくてはいけません。

そして褒めるときは他人と比較して褒めるのではなく、過去の本人と比較して褒めることが大切なのだそうです。

さらに褒めるときは、褒められる本人も自覚できることで褒めた方がいいようです。

本人はうまくできていると思っていないことをただ褒められたとしても、白々しく感じてしまうことになります。

相手のことをしっかりと観察して、その人が進歩したところを的確に指摘しながら褒めてやることが大切だということです。

なので、「すごいね」「さすがだね」「素晴らしいね」と3Sの言葉を連発するだけでは効果がないばかりか、かえって本人がやる気を無くしてしまうこともあるので注意してください。

でも、やはり私たちは褒めることが苦手ですね。

これは子育てでも、職場の部下に対しても、実際には褒めて育てるというのはやはり難しいことです。

他人を褒めることが苦手なので、自分自身を褒めるなんてことはもっと苦手な人が多いのではないでしょうか。

自分で自分を褒めることが上手くないために自己肯定感がなかなか高くならないといったこともあります。

検定試験を受けろとはいいませんが、やはりちょっとは褒める練習が必要なのかもしれません。

1日の終わりに鏡に向かって「すごいね」「さすがだね」「素晴らしいね」と自分に向かって褒める練習をしてみましょう。

褒め言葉が自然と出るようになったら、他人を相手に気がついた時に「3S」を使ってみるといつか自然と褒める力が身についてくるかもしれませんね。

22278051_m.jpg

 

 

やりがいのあること


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

「やりがいのあることをやってみたい」

誰もがそんな願いを持っていると思います。

残念ながら、その願いを簡単に叶えることはできません。

なぜなら「やりがい」があるかどうかは、やる前からわかることは絶対にないからです。

「やりがい」というのは、やってみた結果はじめてわかるものだからです。

どんなことでも、やり始めてからかなりの時間と労力をかけることになります。

そのプロセスの中で、問題が生じて、アイデアを出して、それを乗り越えていく繰り返しがあります。

そうして一つずつ問題を解決していく中で、成果が上がり、大きな達成感や充実感を味わうことができます。

それが「やりがい」というものになっていきます。

つまり「やりがいがあること」というのは、やってみて、苦労して、それが成果として実感できたときに初めてわかるものなのです。

何かに挑戦してみても、全部が全部うまくいくかどうかはわかりません。

でも挑戦した分だけ成功する数も増えていくのは間違いありません。

そして、そんなたくさんの挑戦の中で「やりがいのあること」を見いだすことができます。

つまり、やりがいのあることを見つけるには、まずは実際に行動を起こしてみることが必要になります。

何もやらないで「やりがいのあることを探したい」と嘆いたところで、仕方がないことですとね。

やりがいのあることを見つけるために、まずは思ったことを行動に移してみましょう。

行動することで、初めてわかることがたくさんあります。

想像していたよりも難しかった。

想像していたよりも簡単にできた。

想像していたよりもやりがいがあった。

行動を起こすことは、たくさんのやりがいのあることを見つけ出すことができます。

そして、それがさらに次のやる気につながっていきます。

どんなことでも、まずは最初の一歩を踏み出すことが大切ですね。

4183573_m.jpg

 

 

ガソリンの無駄使い

 

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

またまた、やってしまいました。

仕事の関係で大分県宇佐市の自宅と福岡県久留米市のアパートでの二重生活をしているのですが、今朝になってとても大切なものを久留米のアパートに忘れていることに気がつきました。

大分県ではコロナウィルス感染者の拡大に伴って、11日から13日までの3連休を感染対策集中期間」として、子どもたちの運動教室は全て中止になりました。

そのため土曜日の夕方にある大分市でのレッスンが休講になったので、今日は自宅でゆっくりできるなと思っていました。

ところが忘れ物に気がついて、どうしてもそれが必要なものであったので、久留米のアパートまで取りに行かなければいけなくなったのです。

往復で200km、時間にすると約5時間のロングドライブです。

ガソリン代が高騰している中、本当に無駄で痛い移動になります。

午後1時ごろにやっとアパートに到着しました。

ところがです。

机のテーブルの上に置いていたはずの忘れ物がなかったんです。

かなり焦って部屋中を探しましたが、どこにも見つかりません。

ここまで探してないのであれば、もしかするとゴミと一緒に捨てている可能性があるなと思いました。

不幸中の幸いだったのですが、ゴミはアパートのガミ置き場に出さずに、袋に入れて実家に持って帰っていました。

昨日、久留米から帰ってきたばかりだったので、まだゴミの収集所には出してないはずです。

アパートを出ると、そのまま蜻蛉返りで自宅に戻りました。

家に帰ると、久留米のアパートのゴミが袋に入ったまま置いてありました。

そしてゴミを一つずつ取り出しながら、肝心の忘れ物を探しました。

するとゴミ袋の底に探していたはずのものを見つけ出すことができたのです。

絶対になくしてはいけないものだったので命拾いした気分です。

なんで、こんな大切なものをゴミと一緒に捨てていたのかも自分でも全くわかっていなかったのです。

なんとなく無意識で片付けていた時に一緒にゴミ袋に入れてしまったのでしょう。

おそらく心がそこにないまま片付けをしたのが悪かったんだと思います。

ガソリンも時間も労力も無駄遣いしてしまいましたが、不幸中の幸いは、ゴミ袋がそのまま残っていたのでしっかり回収することができたことです。

ただ、これは大いに反省しないといけませんね。

きちんと整理整頓すること、その場に集中すること、忘れ物をしないこと

ゆっくり休めるはずの1日だったのですが、なんだかとても慌ただしい1日にしてしまいました。

2233664_m.jpg

 

 

人の悩みは「H A R Mの法則」で分類する


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

人間の悩みの9割は、「H A R Mの法則」に当てはまるそうです。

H A R Mとは、次の頭文字をとったものです。

Health   健康や美容に関すること

Ambition  夢や将来やキャリアに関すること

Relation  人間関係や恋愛や仕事に関すること

Money   お金に関すること

私たちが悩むことのほとんどは、この4種類に分類されていることがわかると思います。

いつも不安やストレスを抱えてしまう人は、自分がなんについて悩んでいるのかを把握することが解決への第一歩になります。

なんで悩んでいるのかがわからないけど、なんとなく生きづらいと感じてしまうことがよくあります。

まずは自分の悩みの正体を知ることが大切です。

その時にこの「HARMの法則」に当てはめてみると、悩みの正体が掴みやすくなるというわけです。

悩みが明確になれば、その具体的な解決策も練りやすくなると思います。

その時には、自分ひとりでできるものなのか、それとも、誰かの力を借りなければいけないのかといった、具体的なものを考えやすくなると思います。

自分ひとりでどうにもならないことは、必ず誰かに相談して力になってもらうことも大切です。

自分の悩みが明確になればなるほど、解決策も絞りやすくなると思います。

悩みは複雑に絡み合っていて、一度に全部を解決しようとしても、なかなか答えに辿り着けません。

そんな時には、この4種類の悩みに分類してみることで、悩みの一つひとつの解決に向かっていくことができるようになると思います。

もしも自分の身近な人で悩みをかかえて苦しそうな人がいたら、この「HARMの法則」を使って、問題を明確にしてあげてください。

そして「どうすれば〇〇を解決することができるのか?」と問いかけてみてください。

解決に向けてのヒントが見つかりやすくなると思います。

悩みは人を大きく成長させる壁です。

悩みに呑み込まれてしまうのではなく、悩みを乗り越えるためにも、悩みの正体を明確にしていくことが大切だと思います。

23006477_m.jpg

 

 

ひとりごとに注意


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

「疲れたなぁ」「辛いなぁ」とついついひとりごとを呟いてしまう時があります。

実は、これはあまり良い習慣ではありません。

「疲れたなぁ」と呟いた途端に、身体は正直に反応してしまいますます疲れた状態になっていきます。

「辛いなぁ」というのも同じで、ひとりごとで発した途端にもっと辛い気持ちは強化されることになります。

身体がマイナスの言葉に反応してしまうことで、ますます億劫になってしまい、何をするにしても嫌だなと感じるような心理状態になっていきます。

しっかりと睡眠をとって身体は回復したとしても、気持ちが疲れたままだと、身体の方もそれに引っ張られてしまい、疲労感が残ってしまうことはよくあることです。

ひとりごとは自分に暗示をかけてしまうことになるので注意が必要です。

では、どうすればいいのかというと独り言の暗示の効果を良い方向に使うことです。

「今日は行けそうだ」「なんだか調子がいいぞ」と言った独り言を呟くだけで。身体の調子も引っ張られていくことがあります。

ひとりごとで自分の調子を上げることは可能です。

笑いながらプラスのひとりごとを呟くだけで、気持ちが軽くなったり、身体の調子がよくなったりするのです。

「病は気から」

ちょっとしたひとりごとを変えるだけで、辛さやだるさから解放されることがあるので、ぜひ、試してみてください。

23297841_m.jpg

 

 

時間をうまく使うこと


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

1日に使える時間は24時間だと決まっています。

ついつい忙しい時には「時間がない」と口にしてしまいますが、実際には時間がないわけではなく自分の時間の使い方がうまくできていないことがほとんどです。

「時間がない」と思って仕事をすると、ついつい焦ってしまいます。

当然のことですが、焦ってしまうと、集中力が途切れてしまったりミスが増えたりしてしまうことになります。

余裕さえあれば普通に上手くいくことでも、焦ってしまうことで上手くいかなくなってしまうなんてことになりかねないので、注意が必要です。

「時間がない」と思ってしまう多くの原因は、自分の時間管理のまずさにあります。

それは行動を起こす前の計画段階に問題がありそうです。

いついつまでに何をするといった段取りがうまくできていないために、行き当たりばったりになってしまって、結局は時間に追われてしまうことになります。

1日のスケジュールでも、この時間には何をするということを事前に決めておくと時間に余裕を持って行動することができるようになります。

仕事の段取りをしっかりとしておくことが、時間の無駄遣いを防ぐことになります。

「時間がない」と口に出す前に、まずは自分の時間の使い方をしっかりと管理することで、時間を有効に使うことができるようになりそうです。

さらに時間に余裕が持てるようになると仕事の質も高くなります。

私にとって時間の管理はあまり得意ではありませんが、限られた時間をもっと有効に使えるように計画段階から見直す必要がありそうです。

22056523_m.jpg

 

 

自分に投資する


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

自分への投資は必要なものです。

自分への投資は、時間の投資、労力の投資、お金の投資とさまざまなものがあります。

投資をすることで、自分の知識やスキルを伸ばすこともできるし、自分の人間関係や考え方を広げることもできると思います。

成長するためにはやはり学びつづける姿勢と自己投資は大切です。

学ぶためには、本やDVDを買って勉強したり、セミナーに参加したり、スクールに入って学んだりと、いろいろな方法があります。

最近、すごく便利になったなと思ったことがあります。

それは電子書籍のKindleで定額での読み放題サービスがあって、読んでみたい本をいくらでも好きなだけスマホで読むことができるということです。

さらに私は車の移動が多いのでオーディオブックを聞くのが好きなのですが、最近はアマゾンのオーディオブックサービスも定額での聴き放題サービスが始まったので、とても重宝しているところです。

もっと本格的に学びたいときは、セミナーやスクールに参加することもできます。

正直、これは高額なものも多いのですが、その分、質問や勉強会やアドバイスなどのサービスが充実しているので、成果はかなりあげやすくなると思います。

その分野ですでに成功している人から、成功したやり方を直接学べるので、再現性は高くなるということになります。

自分を向上させるためには、やはり自己投資が必要です。

マンツーマンのコーチをつけて自己変革に取り組んでいる人も、ネットワークの発達した今の時代では少なくありません。

もちろんマンツーマンのコンサルだと、それにかかる費用はかなり高くなります。

でもかけた金額以上の成果をあげられるようになるので、一概に高いとは言い切れない面もあります。

独学で学べばかなりの時間がかかることになるのですが、コーチがいれば成果を上げるまでに費やす時間や労力はかなり軽減されることになります。

私もこれまでに結構な金額を自己投資に費やしてきました。

そして、たくさんの知識とスキルを身につけることができました。

中には正直いうと、あまり良くなくて、お金の無駄使いをしたなというものもかなりあります。

でも、それに出会えて、本当に良かったと思えるものもたくさんあります。

やはり大切なことは、自分がどんな自分になりたいのかというビジョンです。

そのために、しっかりと学んで成長していくという意欲が大切になります。

私が思うのは、本当に自分に必要なものに対しては、自己投資を惜しんではいけないということです。

自己投資をしなければ利益を生み出すことはやはり難しくなります。

本でもDVDでもセミナーでもスクールでも、自分にとって価値のあるものと出会った時は自分への投資を惜しまないようにしましょう。

自分の視野は広がり、人間関係も広がり、力量も向上することになります。

自分の学びに投資することは、とても大切なことだなと感じています。

2271999_m.jpg

 

 

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR