やっぱりお肉は美味しい



From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

若い頃と比べると肉を食べたいと思うのは減ってきましたが、それでも美味しいお肉を食べるのは大きな楽しみのひとつです。

タンパク質を摂取するのに豆腐料理など植物性タンパク質を摂取した方が健康になれるという人も多いようようですが、やはり動物性タンパク質も人間にとって欠かせない重要な栄養素です。

日本人は農耕民族なので肉食より大豆タンパク質の方が健康にいいというのは幻想にすぎません。

やっぱり肉を食べるのも健康に長生きするためには必要なことです。

意外に思うかもしれませんが、60歳を過ぎたら良質な肉を食べる方が若返る力を高めてくれるそうです。

ポイントになるのがコレステロールです。

60歳を過ぎたらコレステロール値はやや高めの方が健康な体だというのです。

コレステロールは、若がえりの要素となる細胞膜と生きる活力を与える性ホルモンの材料になる栄養素なのです。

良質のコレステロールを取るためには、良質の肉を食べることが大切です。

国内産で産地のわかる肉を選ぶと、安心して美味しく良質な動物性タンパク質を摂取することができます。

ステーキを週2回くらい食べるぐらいがちょうど良いと言われています。

もちろん一緒に野菜も食べて食物繊維を摂取することも忘れてはいけません。

歳をとってからだからこそ、ちょっと贅沢な良質の肉を積極的に摂るようにした方が良いそうです。

良質な美味しい肉を食べて、いつまでも若々しく活動していきましょう。

22458437_m.jpg

 

 

スポンサーサイト



自己肯定感が高い人と低い人


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

自己肯定感が高い人は、自分に自信を持っているので積極的に挑戦することができます。

自己肯定感が低い人は、自分に対しての自信を失っているので、ちょっとやってみただけであきらめてしまうことがよくあります。

もしかすると、頭の中だけで考えて無理だなと思い込んで行動さえも起こさない人もかなりいると思います。

自己肯定感の高い人と低い人の違いのひとつにモノの見方というものがあります。

自己肯定感の高い人は「ある」ところを見ますが、低い人は「ない」ところを見てしまいます。

高い人は「できる」ところに目を向けますが、低い人は「できない」ところに注目してしまいます。

高い人は「プラス面」を見つけるのが上手いのですが、低い人は「マイナス面」ばかりが気になってしまいます。

そうした物事の見方の小さな違いが、結果として大きな差を生んでしまいます。

うまくいかないことや失敗したことがあったときに、自己肯定感が高い人はそれをバネにできるのですが、低い人はマイナス面ばかりに目が言ってしまうのです。

例えば、発明王エジソンは失敗するたびに「失敗したのではなくて、うまくいかない方法をひとつ発見することができた」と考えて、あきらめずに何度も何度も挑戦してたくさんの発明をしたといいます。

「自分には実力がない」「うまくいく気がしない」なんてマイナス面ばかりに気を取られてしまうと、自信を失って挑戦できない自分になってしまいます。

うまくいかないときに「自分を成長させるチャンスだ」「うまくいかない方法がわかったぞ」などとプラス面に目を向けるだけで、全然、違った結果になりますよね。

自分のモノの見方を変えるだけで、自分に対する自己評価も変わってきます。

自己否定パターンから「やればできる」といった「自己肯定パターン」に変えていきたいものです。

そして、それを変えるきっかけとしては、「小さなことから始める」ことです。

どんなことでも自分の力でやり遂げることができたときには、大きな自信を得ることができます。

自信は行動力のエネルギーになります。

行動を起こせば成功する確率が上がっていきます。

失敗したとしても成功へのプロセスだと捉えてしまえばいいだけです。

「やればできる」ことを自分の行動で証明してみませんか?

そうした積み上げが、自己肯定感を高めていくことになります。

2570103_m (1)

 

 

急に寒くなりました


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

急に寒くなりました。

今シーズンで始めて本格的な換気が流れ込んだことが原因ですが、それにしても突然に寒くなったのでちょっとびっくりしました。

今までは日中は半袖でも大丈夫だったのですが、これからは服装も少し考えないといけないようです。

気温の変化が大きくなりそうなので、体調を崩さないように自己管理しないといけませんね。

コンビニでコーヒーをよく買って飲むのですが、今まではアイスコーヒーばかり飲んでいたのですが、今日の夜はホットコーヒーを飲むことにしました。

不思議なことですが、温かいホットコーヒーの入ったカップを持っていると、ちょっと心もほっとした気持ちになります。

ある研究によると、温かいものに触れている時は、コミュニケーション力や考える力を向上させる前頭前野が活性化しているという報告もあるようです。

温かいもの持っていると、他人に対しての配慮や気遣いの精神も生まれて人に対して優しくなれるそうです。

さて、最近はガソリンの値段がとんでもなく高騰していて、かなり家計を圧迫しています。

今日、馴染みのガソリンスタンドに行くと、12月まで使える5円引きのチケットをもられたので本当に助かります。

でも、このままいくと、本格的に寒くなる時期に灯油代がかなりかかりそうなので心配になります。

心も身体も暖かくなるようにしたいんですけど、お財布の中身も暖かくなるようになって欲しいものです。

寒さに負けずに、元気を出して暮らしていこうと思います。

1690363_m.jpg

 

 

ピンチをチャンスにするためには


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

「ピンチをチャンスにしよう」

こんな言葉を良く耳にすることがあると思いますが、ピンチをチャンスに変えることができる人には、共通した特徴があるようです。

それが何かというと「受け入れる」ことです。

どうしようもないくらいの逆境に追い込まれたときに、しっかりとその状況を自身で受け入れることができるのです。

まずはピンチを受け入れて、そこから挑戦して成長の糧にできる人たちなのです。

「受け入れて、挑戦して、成長する」というサイクルになっているのです。

そして、ピンチを克服するうちに、本物の自信がついて自己肯定ができるようになって、さらに挑戦できるようになっていくのです。

「新しいことに挑戦しようとする人は全体の20%しかいない」という話を聞いたのですが、もしかすると、ピンチをチャンスに変えられる人も同じくらいの割合かもしれません。

そうであれば、残りの80%の人はピンチをチャンスに変えられないということになります。

そして、それらの人はピンチを受け入れるのではなくて、拒絶して放置してしまう傾向があるようです、

ピンチや逆境の状況を放置してしまい、もっと状況を悪化させてしまうこともあるでしょう。

「拒絶して、逃避して、あきらめる」というサイクルにハマってしまうのです。

そうなると、何事に対しても簡単にあきらめる習慣がついてしまい、自信を失って、自己否定してしまうようになるので、なかなか行動を起こすことが難しくなってしまうのです。

ピンチをチャンスに変える人になるためには、まずは自分の置かれた状況をしっかりと受け入れることがスタートのようです。

なかなか現実を受け入れるのは難しいことかもしれませんが、まずはそこから始めることが必要になるようです。

4379728_m.jpg


 

ほめ方、叱り方のルール


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

日本人にはあまり褒めることが苦手だと思っている人が多いようです。

自分たちの子供の頃も、どちらかというと、ほめられることよりも怒られることの方が多かったような記憶があります。

海外の一流のコーチの中には、褒めることが上手で相手をしっかりと観察しながら、相手のやる気を引き出し、信頼を得ている優秀な人がたくさんいます。

私たち日本人はもっと褒めるスキルを伸ばす必要がありそうです。

褒めるときにポイントにしたいことが3つあります。

①すぐ褒める
②具体的に褒める
③本気で褒める

タイミングよく、何が良かったのかを的確に示して、気持ちを込めて褒めることが大切です。

褒めればいいと言われたから、上辺だけでほめてみたところで何の効果もありません。

良くないときに褒めてしまうことは、甘やかしにつながることもあります。

だから悪いことをしたときにはしっかり叱ることも大切になります。

改善させなければいけないときには、きちんと正く叱ることも大切です。

ここで少し心に留めておきたいことが、褒めることと叱ることのバランスです。

アメリカのコンサル会社の研究では、「ポジティブに褒めることが6」に対して「ネガティブに叱ることが1」の割合がベストバランスという報告がありました。

6回褒めて1回叱る

もしかすると6回叱って1回褒める割合の人が結構多いかもしれませんね。

褒めることを重視しますが、必要なときには正く叱ることも大切だということです。

叱り方も人の心を動かすときには大切です、

絶対にNGな叱り方は、一方的に考えを押し付ける「説教」と、相手を傷つけてしまう「決めつけ」です。

正しい叱り方のポイントは次のようになります。

①叱るべき事実を伝える
②なぜ、それが駄目なのか理由を伝える
③そのことについて、自分の意見を伝える「私は〇〇だと思うよ」
④相手に解決策を提示させる

褒めることも叱ることも、正しくやることができれば、相手のモチベーションを劇的に高めることができます。

相手の成長を本気で考えて、正く褒めて正く叱ることができるようになりましょう。

22278047_m.jpg

 

 

運動が苦手な子どもはいません


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

「運動音痴な子どもはいません」

いきなりこんなことを言い切ってしまいましたが、これは本当の話です。

「そんなこと言っても、うちの子は運動が苦手でかけっこをしても遅いんですよ」と反論する親御さんも多いと思います。

そんな子どもたちは「運動音痴な子どもではなく、運動音痴と思っている子どもたち」なのです。

これが実は良くも悪くも大きな影響を与えてしまうのです。

「自分は〇〇だ」というのは、決して事実であるとは限りません。

他の人の違う視点から見てみると、違う意見をもつ人もたくさんいるはずです。

「自分は〇〇だ」というのは、本人の強い思い込みなのです。

自分の思い込みは自分の苦手意識を強化してしまうから、気をつけなくてはいけません。

ところが、この思い込みを作ってしまうのが、親やコーチや先生などの身近な人たちだったりするんです。

「あなたは本当に運動ができないね」
「あなたは勉強は全く駄目だね」
「どうしてそんなこともできないんだ」

大人が何気なく言った言葉が子どもを洗脳してしまうことがあるのです。

運動が苦手だと思っている子どもたちは、おそらくうまくいかなかったときに大人が残念そうな表情を見せたり、何気なく言葉かけをしたことが頭の中に残ってしまっている可能性が高いです。

なので、子どものできないマイナス面を指摘することよりも、むしろ、プラス面をしっかりと伝えてあげたほうが良いのです。

「ちょっとずつうまくなっているよ」
「失敗しても何度も挑戦するなんてすごいね」
「やれば出来るようになるからね。あきらめないで頑張っているのが嬉しいよ」

こんな前向きになれる言葉を子どもたちには投げかけて欲しいです。

運動が苦手だと思っている子どもたちには、それを克服する喜びを味あわせて、なんでもやれば出来るようになると思える子どもになって欲しいですね。

2758748_m.jpg


 

なりたい自分になれるのか?

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

人は誰しも理想の自分、「なりたい自分」というものを持っていると思います。

「今の自分はなんてダメなんだ」
「こんなはずじゃなかったのに、なんでこうなったんだろう」
「自分は何をやってもうまくいかないから」

こんな風に自分を過小評価してしまうこともあるかもしれません。

でも「自分は変わるんだ」と覚悟を持って決意させすれば、「自分を変える」ことはできます。・

なりたい自分になることができるのです。

なりたい自分になるためにまず最初にしなくてはいけないことは、「なりたい自分」をより具体的に思い描くことです。

なりたい自分を思い描きさえすれば、必ずなりたい自分に近づくことができるのです。

自分の現状の姿というものは、実は無意識のうちになりたい自分を思い描き続けた結果が映し出されたものです。

だからこそどんな人間になりたいのかは、自分の中で明確にしておく必要があります。

自分の人生は、自分が思い描いた方向に流れていくものです。

だからこそ「なりたい理想の自分」を意識して、それに近づいていく振る舞いをすることが大切になるのです。

なりたい自分になるためには、「なりたい自分になるんだ」という強い決意からのスタートです。

22396904_m.jpg

 

 

ブラッシュアップは大切です


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県福岡市

福岡市にある福岡リゾート&スポーツ専門学校で、スポーツリズムトレーニング協会主催の「STAR Official Seminar2021」に参加してきました。

緊急事態宣言が解除されての開催で九州各県や山口県で活躍しているインストラクターとも久しぶりに再会することができました。

「すべての子どもにリズムを」というテーマで講義と実技のブラッシュアップ研修会でしたが、とても有意義な時間になりました。

現在、新型コロナのパンデミックによって、子どもたちの運動不足が深刻な問題になっています。

子どもたちが運動の楽しさをあじわうことで運動を好きになって、運動が得意になっていくノウハウを我々は持っています。

このノウハウを学校をはじめとしてた教育現場に導入していけるように努力していきたいと思います。

そんな思いを強くすることができたのもブラッシュアップ研修会に参加したからこそです。

やっぱりブラッシュアップは大切です。

たくさんの競技でコーチングライセンスを取得する人は多くなっています。

子どもたちが安全に健全にスポーツを学ぶためには、それを教える指導者がきちんとスキルと知識を身につけることは絶対に必要なことです。

ただ、すごく多いなと感じるのはライセンスを取得すれば、それがゴールになってしまう人が少なくないということです。

どんな分野でも、資格を取得することはあくまでもスタート地点に立てたに過ぎないのですが、ライセンスを取得したことがゴールになってしまうケースが少なくないということです。

子どもたちに指導する機会のある人は。いつもバージョンアップする意識を持つ必要があると思います。

サッカーのフランス代表の元監督であるロジェ・ルメール氏は「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければいけない:という言葉を残しました。

未来をいきる子どもたちには、未来で生きる力を育てなければいけないのです。

だからこそ指導者たるもの、常に自分の知識とスキルを向上させる努力が必要になります。

学ぶ姿勢のある指導者に出会えた子どもはその姿や立ち居振る舞いを真似していくことになります。

常に自分の指導力を見直すためにも、定期的にブラッシュアップすることは大切だということを改めて確信しました。

2272E9B0-FC63-4E5F-A060-062B30AB6988_1_201_a.jpeg

 

 

食後の眠気には要注意です


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

ランチをとった後に、眠気に襲われてしまうことがあります。

食後の眠気は生理現象ですが、あまりにもひどい場合は要注意です。

食後の急激な眠気が、糖質の取りすぎが原因になっている可能性があるからです。

食後には血液中のブドウ糖の量が増えて血糖値が上昇します。

血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌され、通常であれば2時間ほどで元の数つに戻りますが、糖質をとりすぎると一気に血糖値が上昇し、大量のインスリンが必要になります。

インスリンの分泌が追いつかないと過血糖という状態になり、この状態が続くとブドウ糖が脳に行き渡らずに、頭がボーッとしたり眠kななったりする症状が現れます。

血糖値が高いままだと、糖質が赤血球と結びついて血液がドロドロになってしまいます。

それが血管をボロボロにして老化させてしまうのです。

血糖値を下げるには、抗酸化作用のあるポリフェノールと食後に血糖値の上昇を抑える食物繊維が必要です。

ポリフェノールは植物が虫や紫外線から身を守る免疫力のようなものです。

植物の強い免疫力を借りることで、血液の参加を予防することができるのです。

ポリフェノールを多く含む食材は、赤ワインやコーヒーや緑茶、紅茶などが知られていますが、高カカオチョコレートも注目を集めています。

高カカオチョコレートには、赤ワインをはるかにしのぐポリフェノールがあることがわかっています。

チョコが血糖値を下げるというのは意外な感じもしますね。

ただしチョコレートといっても、なんでもいいわけではなくて、カカオ分が70%以上含まれる高カカオチョコレートにするようにしてください。

ホワイトチョコレートやミルクチョコレートでは、血糖値を上げてしまう糖質がかなり入ることになるので、逆効果になってしまう危険性があります。

高カカオチョコレートは、食前に1日5回、5gずつ食べるのが効果的なようです。

食前に食べると、カカオに含まれる食物繊維が糖質の吸収を遅らせる効果があるからです。

休憩時間にブラックコーヒーと一緒に高カカオチョコレートを食べるのも良いと思います。

チョコは、ちょこちょことこまめに食べるのが良さそうですね。

2105110_m.jpg

 

 



有言実行のメリット


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

「私は半年以内に5kg減量します」

このように自分の達成したい目標を公言することには大きなメリットがあります。

自分ひとりで密かに心に抱いた目標を達成できる人は、強い意志が必要になりますが、周りの人に公言することで、やる気スイッチを入れることができるからです。

目達成したい標を多くの人に公表することでモチベーションアップと目標の達成が可能になるのです。

これを心理学の要度で「「パブリックコミットメント」と呼びます。

チーム指導しているコーチであれば、選手1人ひとりにチームメンバーの前で公言させるだけでも、取り組みに対するモチベーションを上げることができ目標達成の確率を高くすることになります。

大切なことは1人で目標を立てるだけではなく、他者に目標を知らせてお互いに共有させることで、努力や継続する力がぐんと伸びるのです。

サッカーの元日本代表選手である本田圭佑選手はビッグマウスとして知られていますが、彼は自分の目標をあえて口に出すことで、それを糧に数々の戦績をあげていったのです。

自分の夢や目標を大きな声でいうのを日本人は恥ずかしいと感じて苦手にしている人が多いかもしれません。

堂々と自分の目標を人に語って、それを確実に実現していく「有言実行型」の人は堂々とした態度で振る舞い、逆境に負けないで立ち向かっていく強さも持っています。

自分を大きく成長したいときは、あえてビッグマウスになってみるのもいいかもしれませんね。

というわけで。私も3月31日までに5kgの減量を成功させることを宣言しておきます。

22384531_m.jpg


 

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

いつまでも美肌を保ちたいあなたへ

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR