お風呂で腸の働きを高める

 

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

お風呂に入ることで心身ともにリラックスすることができます。

自律神経を整えることや免疫力に影響する腸の働きを整えるための理想的な入浴法があります。

それは39℃から40℃のお湯に15分くらいつかることです。

最初の5分は肩まで、残りの10分をみぞおちくらいまでをつける半身浴にすると、全身の血流が良くなり、リラックス効果が高くなるそうです。

直腸などの深部体温も適度に高めることができます。

熱いお風呂の方が好きだという人も多いと思いますが、熱いお湯では交感神経を急激に刺激してしまうので、身体は余計に疲れてしまいます。

深部体温を高めすぎてしまうので、体の熱がこもって抜けないままになって、眠りの妨げになってしまうこともあります。

またシャワーだけで済ませる人も多いと思います。

シャワーは浴びた直後は温まった気になりますが、身体は冷えてしまったままのことがあります。

身体が冷えると血流は悪化し、腸も冷えて働きが低下してしまいます。

血流の悪い冷え性の人が便秘症になる場合があります。

入浴することで血流を良くして腸の働きを整える習慣をつけることも大切です。

毎日の入浴習慣で便秘の悩みを改善するようにしてみてください。

さらに、お風呂に入って時に簡単なエクササイズをすることも、腸の働きを高めることにつながります。

お風呂の中では、浮力でからが浮く分、体への負担も軽くなります。

あまりやりすぎてしまうと、交感神経を刺激してしまうので、ゆるやかでリズミカルなエクササイズが良いです。

例えば、両膝を立てて、ウエストをゆっくり捻る運動です。

ウエストを右にゆっくりとひねって、バスタブを両手でつか見ます。

そのまま20秒間キープして元に戻します。

そのまま逆の左にゆっくりとひねって同じようにキープします。

これを左右5回ずつするだけでも、腸の働きを高めてくれます。

お風呂は、心と体の疲れを取るのと同時に、免疫力を高めるために腸の働きを良くすることもできます。

ぜひ試してみてください。

4226002_m.jpg


 

免疫力アップのスーパーフード


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

「ちょっとこれ食べてみて」

田舎にある昔からの知り合いの家に訪問しました。

出してくれたのは「黒ニンニク」です。

黒ニンニクは、ニンニクを発酵・熟成した食品で、自宅で作ったものを食べさせてくれました。

昔からニンニクは多くの薬効があることが知られています。

ニンニクの主成分は、有機イオウ化合物であるアリシンです。

アリシンは、疲労回復効果や強力な殺菌作用もあり、風邪やインフルエンザウィルスを弱めるといわれています。

さらに、血管を拡張して血液をサラサラにする効果もあります。

チフス菌やコレラ菌、大腸菌や結核菌に対する殺菌されていて、70種類を超える感染症に対しての抑止力があることが報告されています。

それだけのスーパーフードなので、確かな報告ではありませんが、コロナウィルスにも効果があるのではないかとやっぱり期待してしまいます。

さらに、ビタミンB1と結合してビタミンB6の働きを高める効果もあります。

ビタミンB6は、免疫機能を維持するのに有効な成分であるといわれています。

このビタミンB6が不足することで、花粉症などのアレルギー症状が起こりやすくなることもわかっています。

このようにニンニクは免疫力を上げるためのスーパーフードだと言えます。

そういえば、ニンニクは吸血鬼ドラキュラも嫌う食材です。

もしかするとコロナウィルスにも対抗する力があるのではないかと思って、知人宅で黒ニンニクを美味しくいただきました。

気のせいかもしれませんが、パワーアップした感じがします。

今、日本全国で恐ろしいほどの感染爆発が起こっていますが、昔からの免疫力を高めるスーパーフード「ニンニクの効果」に頼ってみるのも悪くないかなと思いました。

5119371_m.jpg

 

 

困難に立ち向かうときにわかる3つのタイプ


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

人はどうやって困難に立ち向かうかによって3つのタイプに分類されます。

これはアドラーという心理学者が分類したものです。

その3つのタイプは「悲観主義」「楽天主義」「楽観主義」になります。

未だかつてないほどの災害や疫病という困難に見舞われてどうしようない今だからこそ、自分が一体どのタイプに分類されるのかを知って、今後の対策を練るのもいいのではないでしょうか?

まず「悲観主義」ですが、困難を目の前にしたときに「あぁ、どうすることもできない」と思い込んでしまって何もしようとしなくなってしまいます。

「楽天主義と楽観主義って、同じようなもんじゃないの」と思ってしまう人がいるかもしれませんが、実はそのふたつは全く違うものになります。

「楽天主義」は難しい局面に遭遇したとしても、「自分にできないことは何もない。何とかなるさ」と考えてはみるけど、実際には何の行動も起こさないといったタイプのことを言います。

一見するとポジティブに物事を捉えて良さそうに見えるのですが、「何とかなる」というのは根拠もなくその人の思い込みでしかないので、結局、問題は何ひとつ解決することもありません。

そして、最後の「楽観主義」ですが、これは「悲観主義」とも「楽天主義」とも違います。

アドラー博士に「よると、「楽観主義者」は、「あらゆる困難に勇敢に立ち向かって、深刻に受け止めない」というタイプです。

さらに「困難な状況にあっても、間違いは何度でも修正できると確信して、冷静でいることができる」という姿勢を持つことができます。

人生をうまくやっていくために大切なことは、「真剣」であっても「深刻」にはならないということです。

どうしようもなく苦しい時に、人はどうしても深刻に受け止めてしまって、気持ちをすり減らしてしまうことがあります。

一方、問題があることはわかっているのに、それを見ないでほったらかすことで問題が解決できないくらい大きくなってしまうこともあります。

一番、望ましい態度は、「明るく、でも真剣に問題に挑戦すること」です。

「楽観主義」になれることで、人は困難に乗り越える大きな力を湧き上がらせることができるようになるということです。

とはいうものの、「悲観主義」「楽天主義」の人が、すぐに「楽観主義」に変わることは難しいことかもしれません。

でも「心が変われば運命を変えることができる」ので、少しずつでも「楽観主義」に近づこうとすることはできます。

キーワードは「元気に真剣に挑戦」です。

大変な時代だからこそ「楽観主義」になる必要があると思います。

3598664_m.jpg


 

未来を変えるために

 

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

福岡県でもコロナウィルス感染者が爆発的に増加したため、緊急事態宣言が8月20日から9月12日まで発令される事になりそうです。

緊急事態宣言の発令に慣れたこともあるため効果は期待できないのではないかという意見もありますが、他にこれといった対策がない以上、人流を減らすためには仕方がないことなので、今は我慢するしかありません。

ただ、今後、さらに感染率の高い変異株が流行することも考えられるので、このまま耐えるだけではすぐに限界が来そうです。

緊急事態宣言でリアルの仕事がキャンセルになった時間を、新しくオンラインでできる仕事に向けての準備期間に費やそうと思っています。

自分の未来を変えるための公式があるようです。

「現状」+「行動」=「未来」

ここで大切なのが、この式を埋める順番になります。

まず最初に埋められるのが「現状」になります。

これは今の状態を具体的な数値などを使って表すようにします。

そしてその次に入れるのが「未来」になります。

自分が望んでいる未来はどんな未来なのかを、現状と対比しながら具体的な数技などをいれて書き出してみます。

ここでは、本当に自分が満足できる未来をイメージした方が良いです。

ついつい少なめに見積もってしまいがちになりますが、これは自分で限界を決めてしまうことになりかねないので注意が必要です。

そして、最後に埋めるのが「行動」です。

スタート地点とゴール地点を決めてから、最後に「行動」を考えるようにするのです。

「いつまでに、何を、どこで。どうやって、誰とするのか」をより具体的に書き出していきます。

ここは、最初は思いつくままにどんどん書き出してみることが大切です。

たくさんのアイデアを出した後に、メリットやデメリットを総合的に考えて絞っていく方がいいかもしれません。

そして行動が続くかどうかを決める大きなポイントになるものがあります。

それは「理由」です。

なぜその未来を望んだのか、なぜその行動を選択するのか

いわゆる「大義名分」が必要なのです。

自分の利益だけを考えたものでは、あまり長続きしないかもしれません。

それを成し遂げることで「どんなことを他者に貢献できるのか」とか「どんなふうに自分を成長させることができるのか」といったことが明確になった方が良いです。

私も何度も緊急事態宣言が発令される中で、これからの未来についてしっかり考えてみました。

具体的な行動も少しずつはっきりしてきたので、今の休業期間をしっかり準備の時間として有効に使いたいと思っています。

周りの人の幸せな生活に役立てて自分もワクワクできるようなライフワークができるようにするつもりです。

まだまだ道のりは遠いですが、一歩ずつでも理想の未来に近づいていけるように毎日の行動を大切にしようと思っています。

みなさん。現状の辛くて困難な時期を乗り越えて、明るい理想の未来を目指して歩んでいきましょう。

4733261_m.jpg



他人は変えられない

 

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

相手の言動に腹が立ったりイライラしたりすることはよくあることです。

その時に、相手を注意したり相手の考えを改めようとして口論になってしまうこともあります。

相手のことを考えて自分の意見としてアドバイスをすることは、決して間違った行為ではありませんが、相手がそれを受け入れてくれないことも少なくありません。

「他人はなかなか変えられない」からです。

自分の欠点を指摘された相手が「そうですね。これから改めます。」となるのは、もしかすると稀なことかもしれません。

指摘された相手は内心で「何を偉そうに言ってるんだ」と反発することがよくあります。

時には、目に余る行為がかえってエスカレートするケースもあります。

「あなたのためを思って言ってるのに、その態度はなんだ」とこちらのストレスも、余計に増えていくことになります。

ここで問題を解決するためのポイントになるのは、「自分の課題」と「相手の課題」をはっきりと分けることです。

「相手の課題は相手が解決すべきこと、自分の課題は自分が解決すべきこと」ということを自覚し、相手の課題に必要以上に介入することを避けなくてはいけません。

相手の困った行動を解決するには、あくまでも相手の課題です。

そこを修正する事に躍起になるのではなくて、自分のアプローチの仕方に問題解決の焦点を絞っていくことが近道です。

自分にできることは「自分を変える」ことしかできないのです。

「必要以上に相手を追い込まないようにしよう」

「直接に行動を指示するのではなく、ヒントを与えて気づいてもらうようにしよう」

「少し言い方を柔らかくして、相手に受け取ってもらいやすいアプローチをしてみよう」

自分の考えや行動を変えることで、相手が影響を受けて、結果的に相手の行動が変容することはよくあることです。

つまりは「自分を変えれば、相手が変わる」ということです。

相手を変えようと躍起になっていいまかそうとするよりも、はるかに簡単で労力もかかりません。

もしかすると、相手がなかなか変わらないことがあるかもしれませんが、それも相手の選択であることを尊重しなくてはいけません。

不快に感じる人と出会った時は、その相手を変えようとするよりも、自分の受け止め方や発信の仕方を変えることにエネルギーを向けていきましょう。

4865564_m.jpg


 

問題は因数分解で考える

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

中学校の数学で因数分解を学んだことがあると思います。

因数分解とは、数式をかけ算の形に変形することです。

この因数分解を使った思考法があります。

複雑な問題を共通する因数を見つけ括り出していくことで、単純でわかりやすい構造に変化させることができるようになります。

すっきりと物事を考えることができるようになるので、自分の思考を整理したり、新しい発想が生まれやすくなります。

例えば、ビジネスの現場で「売り上げを上げるにはどうすれば良いか?」と考えときに、漠然とアイデアを出すのではなくて、「売り上げ」を因数分解してみて考えるようにします。

「売り上げ=単価×客数」になるので、売り上げを上げるためには、「単価をあげる」か、「客数を伸ばす」かにアプローチすれば良いという事がわかります。

こうやってより具体的に分解していくことで、原因や対策を具体的に考えやすくなるというわけです。

私たちは自分のスキルアップや目標達成のために、必要なことをたくさん学んでいきます。

学びの目的は、「できるようになること」です。

学びについて因数分解で考えてみると、こんな数式を見つけられます。

「 知る × 理解する × 行動する = できるようになる 」です。

もしも、あまりうまくいかない事があるとしたら、この数式で考えてみると、考えられる原因の要素は3つです。

「知る」「理解」「行動」の、どの部分がうまできていないのかを振り返ってみれば、いいのではないのでしょうか?

例えば、知っていて、理解できているのに、行動を全く起こしてない時はどうなるでしょうか?

「100×100×0=0」になるので、結果ができないのは当然です。

知っていることを行動しているけど、理解できていない時はこうなります。

「100×0×100=0」になるので、これも結果が出なくて当たり前です。

このように問題を因数分解することで、どこの部分にアプローチすればいいのかがわかりやすくなると思います。

問題を因数分解で考えるために役立つのが「マインドマップ」です。

自分の目の前にあらわれた問題を因数分解することで、どんなことに焦点を当てて努力すればいいのかがわかりやすくなると思います。

2942213_m.jpg
   


苦難を乗り越える

 

From 吉永 信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

九州北部や中国では過去に経験のない大雨で河川の氾濫や土砂崩れでの被害が出ています。

今までの常識では考えられないような災害が起こるので、少しでも危険を感じたら一刻も早く命を守る行動を優先しないといけません。

テレビニュースではいつも仕事で通っている久留米市の増水した風景が流れてきて、どこにでもありうる災害であることを認識させられるとともに、被害がこれ以上広がらないように祈るばかりです。

それにしても、ここ数年の水害の大きさは尋常ではありません。

100年に一度の災害が、毎年毎年起こっています。

そして、これからも頻繁に起こる可能性もあり、どこの町でも起こる可能性があるので、万が一に備えておくことは大切になります。

それにしてもコロナ感染にしろ自然災害にしろ、心が折れてしまいそうになる窮地に立たされてしまいます。

100年に一度のどうしようもない困難が立ちはだかっても、私たちは生きていかければいけないのです。

歴史を振り返ってみてもとんでもない苦難に遭遇しても、逆境をバネにして大きく成長した人がたくさんいます。

悲しい現実を目の当たりにして、悲嘆に暮れる毎日を過ごしたとしても、どこかで立ち上がっていかなければいけない瞬間がやってきます。

最悪の出来事を惨事のままで終わらせるのではなく、どこかのポイントで逆襲していかなくてはいけません。

そして苦難を乗り越えてきた人は、困難を乗り越えることによって大きな自信を持ち成長しつづけた結果、大きな成功を手にしています。

100年に一度の災害や100年に一度の疫病を乗り越えていきましょう。

がんばれ日本!がんばろう日本!

苦難を乗り越える希望と勇気の炎を心の中に灯しつづけましょう。

4919773_m.jpg

 

 

お盆のカゴ盛りの発祥は

 
 
From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

今年は父の初盆です。

ニュースでは全国でのコロナウィルス感染者の爆発的な増加に加えて記録的な大雨による冠水の被害状況が流れています。

それにしてもコロナにしろ大雨の被害にしろ今までに経験したことのないレベルの天災に、心が痛んでしまいます。

こんな悪い状況の中でも、わざわざ父のお参りに来てくれる方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

初盆では、お供物として缶詰やコーヒー、海苔などをつめた箱を造花で飾った華やかなカゴ盛りを仏前にお供えします。

私の父も健在な頃のお盆の時期には商売でカゴ盛りを作って忙しそうにしていたことを懐かしく思い出します。

お盆には灯籠や提灯、そしてカゴ盛りを飾って故人の生前を偲ぶことが当たり前の風景だと思っていたのですが、実は。この「カゴ盛り」の風習は大分県が発祥だということを知りました。

夕方のニュースで大雨の状況を心配しながら見ていたら、「カゴ盛り」の話題が流れてきました。

このカゴ盛りの発祥には、大分のお菓子メーカー「菊家」が深く関わっていました。

「昔、仏様にあげるといったら提灯と線香とそうめんくらいでしたから、40〜50年前は、何か食べるものを残せば、親戚にもお裾分けできるだろうし、お参りした人に差し上げてもいいし、そういう発想から始まったのがカゴ盛りです。」と、菊家の創業者斉藤さんが語っていたようです。

菊家によると「初盆のお供えを少しでも賑やかにという思いで、売り始めたのがきっかけです。大分市の百貨店トキハがお中元のコーナーに売り出したところ、今では初盆に欠かせない風習になったということです。」ということでした。

さらに「こういう風習は残していくべき。私たちも形を変えながら知恵を絞りながら、新しいものを作っていきたい」と語っていました。

この「カゴ盛り」という風習が、まさか大分の風習だということは知りませんでしたが、受け取る人の立場から生まれたアイデアが、人に喜ばれることで、たくさんの人々に広がっていくことに改めて、思いの大切さに気付かされました。

人との交流に制限がかけられてしまうからこそ、人との交流や相手への思いやりを大切にした心が大切だなと改めて思いました。

IMG_1720.jpg


 

「短所や欠点」をなくすことはできない

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

人は誰でも「長所」と「短所」を持っています。

得意なことがあれば苦手なこともあると言うことです。

この「長所」と「短所」については、自分で思っているものと他人が感じているものは全然違ったものであることも少なくありません。

自分では「臆病」を短所と思っていても、他人から見れば「慎重」といった長所に感じることがあると言うわけです。

短所や欠点は自分でも自覚しやすいので、必要以上に気にしてしまうこともあります。

それがコンプレックスとなってしまって、大きな劣等感を抱えてしまうことさえあります。

私たちは自分の短所や欠点が許せなくて、少しでもそれらをなくそうともがいてしまいます。

でも「短所や欠点」をなくすことはできません。

なぜならそれらは紛れもない自分自身の特性だからです。

あまり人の特性を点数化することはおかしいかもしれませんが、例えば、自分の気になる欠点が「−3点」だとします。

これは「−3点」のままで合計点に加算されるだけです。

だから、この「ー3点」をどうにかしようともがくのではなく、他の要素で「+2点」「+3点」「+1点」と加点できるものを増やしていけばいいのです。

それで合計は「+3点」になりプラスになるということです。

私たちは「100点満点を取らなければいけない」「間違いは絶対にダメなこと」と思い込みすぎているかもしれません。

60点取れれば十分に合格点をクリアしていると思っていいのです。

40点分は間違いや欠点があっても、全然、構わないのです。

マイナスの40点に気を取られるよりは、さらに加点になりそうな10点を磨くことに力を注いだ方が成長につながっていけます。

人間は誰しも完璧な人はいません。

周りからみてそんな風に見える人は、自分の加点ポイントをどんどん積み上げてきているだけかもしれません。

どんなことでも駄目な経験はありません。

それをマイナスのままで終わらせるのではなく、そこから加点を狙っていけばいいのです。

「失敗は成功の母」というのもそのような考え方からきているものと思います。

「短所や欠点」をなくすことはできないので、それをしっかりと受け止めた上で、自分の良さを伸ばすことに心を向けていきましょう。

5018879_m.jpg

 

 

免疫力を下げる原因


From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

感染爆発の中でお盆休みに入ります。

感染力の強いデルタ株の猛威は止まることを知りません。

どこにいても感染リスクが高くなった今、やはり自分の免疫力を高める努力はしておきたいものです。

免疫力を高める努力をするために、免疫力を下げる原因について考えてみると良いと思います。

免疫力を下げる原因を知ることで、免疫とはどういうものかを深く理解できるはずです。

免疫力を下げてしまう主な原因としては、次の4つがあげられます。

①食生活の乱れによるもの
②ストレスによるもの
③薬の常用によるもの
④加齢によるもの

この4つの原因について、対策も考えてみましょう。

①食生活の乱れ

免疫細胞はタンパク質でできているので、偏った食習慣でタンパク質の摂取が少ないと、自然と免疫力は低下することになります。

さらに食物繊維の接種が不足すると、免疫細胞の70%が存在する腸内が活性化されないので、免疫能力に悪影響を与えてしまします。

普段の食事のメニューでタンパク質と食物繊維を多めに取ることを心がけて、その分、糖質を減らすようにしましょう。

②ストレス

日常で受けるストレスが強くなると、自律神経を交感神経優位に働かせてしまいます。

すると免疫細胞であるリンパ球の数が減り、「N K細胞」の働きを弱めてしまいます。

できるだけストレスが負担にならないように、笑う時間を多く作るようにしましょう。

リラックスの副交感神経優位が多くなるのも免疫力を低下させてしまう原因になります。

できるだけ自律神経のバランスを保つようにしましょう。

③薬の常用

薬は専門医の指示を仰いで服用するようにしましょう、

安易に薬に頼るのではなく、免疫力の強化を意識するようにしましょう。

緊急時であれば問題はありませんが、薬を常用してしまうと、免疫力を下げてしまうことにつながるので注意が必要です。

特に抗生物質は、腸内の善玉菌も死滅させてしまうので免疫力に致命的なダメージを与えてしまうこともあります。

安易に薬に頼る習慣があるなら改善が必要です。

④加齢

20歳をピークに免疫力は下がっていきます。

40歳代ではピーク時の半分、70歳代では10分の1になると言われています。

食事、生活、運動の習慣を見直して健康な生活を送る努力が大切になります。

3230615_m.jpg

 

 

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR