「自信」がつけば子どもは伸びる

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県豊前市

子ども向けの運動教室である「STARアカデミー豊前教室」のトレーニングが終わった後に、ある保護者さんからこんな話を聞きました。

「先生、今年の持久走で上位に入ったんですよ。今まで全く敵わなかった上位の子どもたちとも競い合うことができる様になったんです。この教室に入ってから、運動がとても好きになったし、何より自信がついてきた様に思います。学校の先生からも、運動教室を習い始めた頃から積極的になってすごく自信がついて変わってきましたと言われたんですよ。」

そのお子さんは、教室に来た頃はあまり自己主張をすることもなかったのですが、とにかくコツコツとまじめに努力するお子さんでした。

毎回少し早めに教室に来て、しっかりと挨拶した後は、道具の準備や片付けにも積極的にお手伝いしてくれます。

レッスンで少し難しい内容を習ってうまくできないことがあっても、よく一人で練習している姿を見かけます。

そんな彼が持久走大会で結果を出したことも嬉しいのですが、何よりも学校の先生から見ても明らかに自信をつけてきているのが手に取るようにわかるという話を聞いて、指導者として、とても嬉しく思いました。

さて「自信」には2種類あります。

「根拠のない自信」と「根拠のある自信」です。

どちらも大切なものなのですが、自己肯定感の高い子どもは「根拠のない自信」を持っています。

「根拠のない自信」は、「理由はないけどうまくいく」とか「自分は絶対になんとかできる」と思える様な感覚のことを言います。

この感覚は「自分はここにいてもいい。自分はこのままでいい」という絶対的な信頼と安心があり、何があってもゆらぐことがないので、たとえうまくいかないことがあっても、それでも大丈夫と思って何度でも立ち上がることができます。

人気の少年漫画の主人公にもこのタイプの自信を持っているヒーローが多いですね。

孫悟空やナルトやルフィー、そして竈門炭治郎も、何度でも立ち上がって困難に向かっていきますね。

「根拠のない自信」を持っている人にはこんな特徴があります。

自己肯定感が高い。
ダメな自分も受け入れられる。
楽観的に考えられる。
意欲的に自分でなんとかしようとする。
自分の感覚を信じている。

このように「根拠のない自信」をつけて「自己肯定感の高い子ども」に育てるために、大人は何をすれば良いのでしょうか?

その方法は「子どもをしっかり認めること」です。

とにかく子どもの話をしっかり聞いてあげることにつきます。

「褒めて育てる」ということも大切ですが、何かがうまくできた時に褒めるだけでは、逆にできなかったときには「自分はできないからダメなんだ。」と自己肯定感は下がっていくこともあります。

それが「根拠のある自信」の弱点です。

結果が出ればすごいけど、結果が出ない時はどんどん自分を卑下してしまうことにつながるということも頭に入れておきたいことです。

「根拠のない自信」をつけるためには、子どもの話をしっかり聞いた時に、努力のプロセスや発想を認めるようにします。

自分の内から湧き上がったものを認めてあげることで。子どもは安心して挑戦できるようになります。

子どもが自ら変わろうとするときや自ら伸びたいと思うときの行動のエネルギーはとても大きなものになります。

大人は支援者として、子どもたちが自ら伸びようとする姿勢を見守りながら伸ばしてあげたいものです。

3447023_m.jpg

集中力

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県行橋市

勉強やスポーツで成果をあげるために必要なものは「集中力」です。

集中力は何かに没頭する力のことです。

瞬間的に集中する力がついている子どもは、必ず勉強の成績も上がるし、スポーツの場面でも堂々と自分のパフォーマンスを発揮できます。

逆に、集中力がない子どもは、長時間勉強や練習に時間をかけたとしても、なかなか身につけられなかったりします。

幼児期に集中力を身につけておくことで、その後の長い人生で学び続けるための土台にもなります。

大人は自分でコントロールして集中力を保つことができますが、子どもはなかなか集中できません。

だからこそ、集中力を身につけるために大人のサポートが必要です。

集中力は年齢に関係なくトレーニングで高めることができるといわれています。

ちなみに、集中できる時間の目安ですが、年齢によって異なりますが、以下の時間を目安にしてください。

幼児期は、年齢+1分
小学校低学年は、15分程度
小学校高学年は、25分程度
中学生は、30分
高校生は、45分程度 

子どもの集中力は、環境や性格、体調、精神状態、個性によってさまざまですが、集中継続時間を目安に興味のある教材を使ってトレーニングすると良いです。

そして、トレーニングでの注意点としては、

①メリハリのある生活習慣を身につけさせること
②子ども自身に「集中力がある!」と思わせること
③興味のあることをたくさんさせること
④環境を整えること

などが、あげられます。

子どもはどうしても興味のあることに目が写ってしまい気が散りやすいので、集中しやすい教材や環境を整えたり、子どもへの働きかけを工夫したりすることが大切です。

アニメ「鬼滅の刃」でも、主人公をはじめとする鬼殺隊の隊士が「全集中の呼吸」という呼吸法で集中力を高め身体能力を発揮するシーンがあります。

これもあながちアニメだけの話ではなくて、実際に呼吸法で集中力を高め自分の能力を発揮する方法はかなり有効であるといわれています。

子どもの頃に集中力を身につけることで、その後の成長度合いは大きく変わってきます。

まずは規則正しい生活習慣を脳と体に染み付かせて、集中力をつけるための基礎をしっかり身につけさせていきましょう。

3743971_m.jpg


犬を飼うか?猫を飼うか?

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県大分市

ペットを飼うことで子どもたちにさまざまな教育効果があるといわれています。

ペットの面倒を見ることや可愛がることで、責任感や思いやりが生まれ豊かな心が育まれていきます。

ペットはゲームやおもちゃと違って自分の思い通りになってくれないので、他者との関わり方を学ぶことにもなります。

さて、ペットの代表といえば、犬と猫が頭に浮かんくる人も多いのではないかと思いますが、犬と猫では子どもに与える教育効果は違ったものになります。

犬は躾けることによって人間に従ってくれます。

犬と接していると「自分はやればできる」とか「誰かの役にたてる」とかいったことを感じたり、「相手の気持ちを読み取る力」とかを身につけたりします。

一方、猫は基本的に人の言うことを聞きません。

猫と接していると「相手は自分の思い通りにならない」ということを学んで、独立心や寛大な心を育ててくれます。

さらに、猫を撫でていると気持ちよさそうに喉をゴロゴロと鳴らしていたりすると、日頃のストレスを忘れて穏やかな気持ちになり、免疫力をあげるのにも効果があります。

そして、これはどんなペットを買っていても体験することになるのですが、ペットの死を通して命について考えるきっかけになります。

ペットとの別れは本当に辛い経験なのでペットロス症候群になることもあるので、少し注意も必要になります。

動物との触れ合いを通じて、子どもたちの道徳感や人格形成に大きな影響を与えます。

人は他者との関わりの中で生きていかなくてはいけないので、「他者とのコミュニケーション能力」や「自分の役割をはたす責任感」を身につけていくことはとても大切なことです。

ペットに接することで、子どもたちの情操豊かに育つ手助けになりそうですね。

ちなみ私の家では、今、二匹の猫を飼っています。

寒い冬の時期は猫と密着していると、身体も心も暖かくなります。

2336069_m.jpg

「ハンドル」と「エンジン」

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県春日市

今日は昨日のつづきの話をします。

昨日もお話ししましたが、人間の脳は、左脳と右脳に分けられます。

左脳は言語脳とも呼ばれ、言語とか思考などを司る脳で、言葉、会話、記憶、分析などを作ってくれる役割があります。

右脳はイメージ脳とも呼ばれ、イメージや身体の感覚、空間把握、芸術性、創造性などを作る役割があります。

自分の能力を最大限に発揮するためには、右脳の力をフルに使って「目標を達成した後に待っている理想の未来を思い描く」などワクワクした感情をもつと行動のエネルギーがどんどん湧いてきます。

右脳の力を使って潜在意識に目標をインプットできると、自分からその気になって「やりたい」から「やる」という風になります。

潜在意識野中にインプットできたら、人間はそれに向かってひたすら突き進んでいくことができます。

という内容を、昨日の話の中でしていきました。

これだけを聞くと右脳は素晴らしいという風になりそうなので、今日は左脳も大切なんだという話をします。

実は、左脳はとても大切な役割を担っているのです。

左脳の存在がなければ、右脳はその力を十分に発揮することができないのです。

左脳は、何を潜在意識の中に投げ込んでいくのかを判断します。

だからこそ、人は勉強して知識を吸収したり、必要な知識や情報を身につけるわけです。

間違った目標を入れてしまうと、間違った方向に猛進してしまい大きな過ちをお越しかねません。

何を目標にすればいいのか、どっちの方向に進んでいけばいいのか、強い意志を持って自分をコントロールしてくれるのが左脳なのです。

これが本能で行動する動物と、理性で判断して行動できる人間の大きな違いです。

左脳を鍛えることによって「自分で考え、自分で判断する力」が育ち、右脳を鍛えることによって「進んで行動する力」が伸びていくのです。

言い換えてみれば、左脳が「ハンドル」で、右脳が「エンジン」という感じですね。

事故のないように正確に目的地に辿り着くためには、どちらも必要です。

左脳で右脳をコントロールしながら、夢に向かって邁進していきましょう。

3112128_m.jpg

「しなければいけない」と「したい」の違い

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

何かをやるときに「しなければいけない」と「したい」と思ってやるのでは、それが生み出すエネルギーも結果も全く違ってきます。

同じような仕事をするとして、「生活のためだから働かないといけない」と思うのと、「働きたい。働くのが楽しいから」と思う人では大きな違いがあります。

人間は、その気になったら何倍もの力を発揮します。

心が動いてワクワクすればするほど、行動へのエネルギーも高くなっていきます。

あなたはどちらのタイプになりたいですか?

さて、日本人は「しなければいけない」と自分を追い込んでいくタイプが多いようです。

上司やコーチがこのタイプであると、部下や選手はけっこう大変です。

周りの人にも自分の考えを押し付けて迷惑を被ることも少なくありません。

さらに悪いことに、自分がそのタイプだということに自覚がないことも多くて、部下や選手がやる気を失ってしまうこともあります。

これからの時代は、部下や選手が自らやりたくなるような状況を整えて仕事をさせるタイプのリーダーが求められていきます。

この2つのタイプですが、脳の違いによって分けられるようです。

人間の脳は左脳と右脳に分けられます。

左脳は言語脳とも呼ばれ、生まれてから後に学んだことが蓄積されています。

理性や知性、言語といった色々な知識が詰まっています。

右脳はイメージ脳とも呼ばれ、感情や欲望といった本能的なものが生まれた時から備わっています。

右脳型の人は、自分の感情を上手に刺激して、潜在意識の中に目標を入れやすくなります。

「ああいう風になりたいな」とか「こうなったらいいな」とか「なったら嬉しいな」と感情を直接刺激しながら目標をもつことができます。

一方、「ああしなければ」とか「こうやらなければ」とか、「ねばならない」と思い込んで行動するのは左脳型の典型です。

ネガティブな思いを抱いたまま行動することになるので、なかなかスタートを切れなかったり、やる気が持続しないということもあります。

やはり強制的にやらされるよりも、自分がその気になってやっていく方が成果は上がっていきます。

自分で自分をその気にさせることができたほうが、自分の能力をより引き出せることになります。

そのためにも「目標を達成できた時に手に入れられた未来を思い描いてみるなど」右脳の力をフルに使って潜在意識にインプットしていくと行動のエネルギーがどんどん湧いてきます。

どうせやらないといけないのなら、
「しなければならない」と思ってやるよりも「したい」と思ってやったほうが絶対にうまくいきます。

2781802_m.jpg

「リズムステップ体験会」に取材がきました

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県行橋市

行橋市サンワークゆくはしでの「リズムステップ講座」の無料体験会がありました。

新聞社の取材もあって少し緊張したレッスンでしたが、参加者の皆さんは楽しそうに1時間のトレーニングに笑顔で取り組んでいました。

リズムステップは音楽のリズムに合わせながら、ラインという障害物を踏まないように手足を動かすことによって脳の活性化と身体機能の維持向上を図るトレーニングです。

「〇〇しながら運動する」というのがとっても脳にいいんです。

脳の神経細胞は加齢とともに減ると考えられていましたが、近年になっていくら歳をとっても新たな神経細胞が生まれることがわかっています。

新しく脳の神経細胞が生まれることを神経新生と言いますが、神経新生を促す最善の方法が運動だといわれています。

神経新生を活性化して認知症を予防するには「〇〇しながら運動する」ことがとても有効です。

肝心なことは、体と脳を同時に使うことです。

脳はふたつの異なる作業を同時に行うのが苦手です。

そこで、あえて「デュアルタスク」を与えることで、脳の若返りを図ることができます。

リズムステップを体験した方が新聞記者のインタビューに「脳をとっても使っているのがわかるので、ボケ防止にはとても効果があるのがわかります」といった感想を述べてくれました。

初めての参加者も、「コロナでステイホームをしていて身体を動かす機会が減ったので、これではいけないと思って健康トレーニングを探していました。このトレーニングはたくさん笑えるし、汗もかくので、私が求めていたトレーニングとして最適でした。」と喜んでいただけました。

さて、アイデアがなかなか思い浮かばない時に、ボーッと何も考えずに歩くことで、ひらめきが得られることがあります。

これはボーッとしているからといって脳が働いていないわけではありません。

むしろ意識的に脳を働かせている時よりも20倍のエネルギーを使い、何かを閃いた時の脳の状態と酷似していることがわかったそうです。

スポーツですごく集中した時に無心になって感覚が冴える「ゾーン」の状態に入っているのと同じような状態ですね。

何かアイデアに煮詰まった時にも、やはり無心で軽い運動をするのが良さそうです。

「リズムステップ」は音楽に合わせて運動するので夢中になって頭の中の余計な考えも消え去ります。

「リズムステップトレーニング」をすることで、アイデアやひらめきが生まれやすい環境を作り出すこともできそうです。

たくさんに人に「リズムステップ」の効果を享受してもらえるように、今後も地道な活動を継続していこうと思います。

288627_m.jpg

寒波襲来

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県大分市

今年初めての寒波が日本列島に流れ込んで、一気に寒さが増しました。

先週の土曜日に車のタイヤも冬タイヤに履き替えて、もしもの積雪にも備えています。

気温が下がると、やはり身体の冷えが気になります。

そこで、身体が冷えて体温をあげたい時におすすめなのが「肩甲骨まわし」と「ふくらはぎマッサージ」です。

これはいつでもどこでも簡単に血流をアップさせ身体を温めることができます。

「肩甲骨まわし」は、手を鎖骨と肩の間に当てたまま、肘で大きな円を描くように前むきに回したり、後ろ向きに回したりするだけです。

そして。肩を上下させたり、首を回したりするなど、凝り固まった筋肉をほぐすように肩甲骨を動かすようにすると身体はポカポカと暖まってきます。

そして、「ふくらはぎマッサージ」もかなり有効です。

足が冷えると、血液が心臓にスムーズに戻らなくなるので全身の血行が悪くなります。

ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ、ここの筋肉が活発に収縮し、下半身に降りてくる血液を絶え間なく上に押しあげ、心臓に血液を戻す上方向へのポンプの役割を担っています。

「ふくらはぎマッサージ」は、両手でふくらはぎを包み込むようにして、足首から膝の方向へ軽く持ち上げるようにさすり上げるようにします。

すごく気持ちも良くて体温も上がるので免疫力を高めるためにも毎日の習慣にしたいエクササイズのひとつです。

私は「ふくらはぎマッサージ」をするときには、「Rifaアクティブ」を愛用しています。

クリスチアーノロナウドが宣伝していたこともあり購入したのですが、これがなかなかの優れもので、今では手放すことのできないアイテムになっています。

「Refaアクティブ」を使ってふくらはぎマッサージをすると、簡単にマッサージができるし、とても気持ちがよく血行をよくすることができるので、足のむくみや疲れも簡単に取ることができます。

身体の冷えが気になり血行があまりよくない人には本当におすすめですので、一度、試してみてください。

さて、これから寒さも厳しくなるシーズンになりますが、血液を全身に巡らせて、体温を高めることで免疫力を上げていきましょう。

日頃から身体を温める工夫や対策をしておくことで、どんな病気にも負けない「自然治癒力」を高めていきましょう。

最も効果的に体温を温められる場所が、「ふくらはぎ」であり「肩甲骨まわり」です。

いつでも、どこでも簡単にできるエクササイズなので、ぜひ試してみてください。

2635802_m.jpg

情熱

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

プロ野球への復帰を目指してトライアウトに参加した新庄剛志さんの挑戦が終わった。

トライアウトでは現役時代を彷彿されるプレイをみせて復帰に向けて本気に取り組んでいることをたくさんの人に示しました。

1年前にプロ野球に復帰することを宣言してから1%の可能性に賭けての本気の挑戦であり、見えないところでの努力は計り知れないものであったことは間違いありません。

結果としては、どこの球団からもオファーはなく残念な結果になったかもしれませんが、彼の挑戦する情熱には本当に頭が下がる思いです。

この「情熱」というのも、目標を達成するために不可欠なものですし、未来を生きる子どもたちにもぜひ身につけて欲しいものです。

情熱を持って生きていけるようにするためには、子どもの時から本人がやろうとすることにはできるだけ挑戦させて、仮に失敗したとしても、その努力をしっかりと認めてあげることが大切です。

もしも、小さい頃に熱中するものや無我夢中に没頭するようなものがある時には、それをしっかり応援してあげることも大切です。

大人になってからも情熱を持って挑戦しようとするかどうかは、子どもの頃の挑戦した経験、そして結果はどうあれ、努力したことがしっかりと認められて無駄ではなかったことを実感できたかどうかにかかっています。

挑戦する喜びを味わうことや挑戦の過程の努力によって自己肯定感は高まります。

子どもたちにも情熱を失わずに逞しく未来を生きていく力を育んで欲しいと思っています。

そのためにも、私たち大人は新庄氏のように情熱を持って挑戦する姿を子どもたちに見せていくことも大切なことだなと思いました。

私たちは、そんな大きな夢を掲げて挑戦する必要はありません。

どんな些細なことであっても情熱を持って生きている姿を子どもたちに見せられたらいいなと思います。

「ネバギバ」ですね。

242032_m.jpg

映画館に行ってきました

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県中津市

1年ぶりに映画館に映画を見にいきました。

今年の3月に大分県中津市のイオンモール三光に待望の映画館ができたのですが、なかなか行く機会もなく初めて入館しました。

映画館でみる映画はやはり面白さも倍増します。

これはやはり時々は映画館で映画を観るのもストレス発散にはもってこいだなと思いました。

映画館での映画鑑賞ではコロナウィルス感染リスクがやはり心配されると思います。

映画が始まる前に、映画館の空気は換気によって20分で入れ替わるという実験動画が流れていました。

映画館というと密閉した空間というイメージもあるのですが、実際には換気環境の整備やマスクの着用によってリスク対策をしっかり行っていることもわかりました。

今日、見た映画は「新解釈 三国志」という映画です。

何も考えずに大いに笑わせてもらえた2時間だったので、その点では免疫力は確実にアップしたなと思っています。

スポーツもそうですが、映画や演劇、音楽などの文化的な活動も私たちの心を豊かにしてくれるものです。

今、全国的にコロナ感染が爆発的に拡大していますが、なんとか感染拡大を抑えて、心を豊かにする文化活動を遠慮なく楽しめる日常が戻ってくるのを願うばかりです。

「新解釈 三国志」の福田雄一監督が、ムロツヨシさん主演で「新解釈 日本史」というドラマも作っています。

これもなかなか笑える新解釈なので、私の好きなドラマのひとつです。

FBBABE54-B63F-44B7-97FC-BFBF8FF07F37_1_105_c.jpeg

「You メッセージ」と「I メッセージ」

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県大分市

メッセージには「You メッセージ」と「I メッセージ」の2種類があるのを知っていますか?

簡単にいうと「You メッセージ」は「あなた」を主語にしたメッセージで、「I メッセージ」は「私」を主語にしたメッセージです。

例えば、
「あなたは歌がうまいね」というのは「You メッセージ」で、「あなたの歌を聞くとハッピーな気持ちになるよ」というのが「I メッセージ」になります。

この例だと、どちらも褒めている内容なので、嫌な気持ちはしないかもしれませんね。

「あなたは○○だ」と言われる「You メッセージ」では一方的に決めつけられるので、それなりに抵抗を感じる人も少なくありません。

一方の「I メッセージ」は「私は○○だと思ったよ」という感想を言っているだけなので、自分の存在感を認められた気持ちになって自己肯定感も高まりやすくなります。

子どもを叱るときにも「あなたはとんでもないことをしたんだよ」と一方的に否定されるのと、
「あなたがこんなことをしたからお母さんはとても悲しかったんだよ」と言われるのでは、
それを受け止める子どもにはどちらの方が心に響きやすいでしょうか?

「I メッセージ」を使って叱ると「私はあなたのことを大切に思っているんだ」という隠れたメッセージも伝えることになります。

逆に「You メッセージ」を使って叱ると、一方的に裁かれたように感じてしまい時には反発を招いてしまうこともあります。

自分は、普段、子どもたちに話をするときに「You メッセージ」と「I メッセージ」のどちらの方を多く使っているのかを確認してみましょう。

同じ内容のことを伝えたとしても、『You メッセージ」と「I メッセージ」を使い分けるだけでも子どもたちへの伝わり方は格段に変わってきます。

自分の伝え方を少し変えるだけでも子どもの反応や子どもの行動が変わってきます。

子供を変えたいなと思った時は、まずは自分自身の働きかけを再確認してみることがポイントになります。

子どもが自分自身で変わりたいと思うような「I メッセージ」を伝えられるようにしたいものです。

1261485_m.jpg

格安航空チケットをお探しの方はコチラ

筋膜リリースに「BODY PIXEL」

360度回転するアウトドアチェア

美容健康に伝承ローヤルゼリー

九州お取り寄せ本舗

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州でスポーツインストラクターやメンタルコーチ、カウンセラーとしての活動をしています。30年間、中学校現場やサッカーコーチとして培った経験をもとに、新たな知識とスキルを習得して、あなたの心と身体の健康づくりをサポートできるライフワークに取り組んでいます。「より輝いた豊かな人生に変えたいと思っているあなた」を、全力でサポートします。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR