コーヒーのすすめ

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

毎日、何杯もコーヒーを飲むのがいつの間にか習慣になってきました。

ここ数年、街中ではスターバックスやタリーズなどのコーヒー専門店も増えてきて、たくさんの人がコーヒーを楽しんでいます。

特にコンビニエンスストアのコーヒーは本当にたくさんの人が利用していると思います。

私も以前はコンビニに寄った時は缶コーヒーを買って飲んでいたのですが、今はドリップしたコーヒーを飲むことがほとんどです。

手軽に安く本格的なコーヒーが楽しめる時代になっていますね。

多くの人に愛されているコーヒーですが、免疫力を高める働きもあるようです。

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が豊富に含まれています。

クロロゲン酸には、抗酸化作用の他にも、脂肪の蓄積を抑制する効果もあります。

がんや糖尿病、心筋梗塞、動脈硬化などの予防にも有効だそうです。

さらに、脳の活性化にも有効で認知症を予防する効果もあると考えられているようです。

こうしてみると、いいことだらけのように思えますが、やはり飲み過ぎには注意が必要です。

コーヒーを飲みすぎることによって、胃酸過多の原因になって胃が荒れることがあります。

さらにカフェインの取りすぎにも少し注意が必要です。

めまいや心拍数の増加、血圧の上昇などを招くことがあるようです。

1杯のコーヒーに含まれるカフェインの量が約90mgとすると、1日400mgまでの接種であればリスクがないと言われているので、1日3〜4杯のコーヒーを目安にすると良いようです。

1杯100円で気持ちを落ち着かせてくれて、免疫力まで高められるのなら、これから、ますますコンビニのコーヒーにはお世話になりそうです。

3855173_m.jpg
スポンサーサイト



5月5日は子どもの日

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県大分市

ゴールデンウィークの最終日は5月5日の子どもの日です。

大分市のサイクルショップコダマ大洲アリーナでの無料イベントに参加してきました。

今回の無料イベントは、新型コロナウィルス感染防止対策のために館内やホームページでの告知のみで事前予約制での開催になりました。

それでも、ゴールデンウィークの最終日を身体を思いきり動かして楽しみたちという4人の元気な男の子が参加しました。

レッスン開始の15分前に入ってきた男の子は会場に流れるビートの強い音楽を聞くと、それに合わせて自分でダンスを踊り始めました。

「いつも家でもノリのいい音楽が流れてるとこうやって踊りだすんですよ」と、お母さんが話してくれました。

ビートの強い音楽を聞くと勝手に身体がそのテンポに合わせて動き出すようになります。

これは、ビートが脳の運動野を直接刺激するために素早く脳を運動できる状態にするからです。

そして、テンポのいい音楽は気持ちも明るく前向きにしてくれます。

参加者全員が集合したところでレッスンが始まりましたが、45分間、テンポのいい音楽にのって笑顔で一生懸命にリズムジャンプトレーニングに取り組んでいました。

「汗びっしょりになった」
「楽しかった」
「もっとやりたかった」
「難しかったけどできた時はすごく嬉しかった」と、
こんな感想を伝えてくれました。

何よりも、運動した後の爽快感で満たされた子どもたちの表情が私にも元気を与えてくれました。

「GWも今日で終わりだ」と言いながら、帰り支度をするお子さんのセリフも印象的でした。

さて、参加してくれた子どもたちとは全く無縁な話だと思うのですが、実は、このゴールデンウィーク明けは、子どもたちにとって注意が必要な時期になります。

あ、これは子どもたちに限らず、私たち大人も注意しなければいけない時期になるので気をつけてください。

それが、何かというと、いわゆる「5月病」です。

5月病は、GW後に、学校や会社に行きたくないなとか、なんとなく体調が悪いなとか、授業や仕事に集中できなくなるといった症状があらわれます。

これらの不調が原因となって、欠席や欠勤が続くことになるケースも少なくないのです。

この5月病は4人に1人が経験するというくらいよくある症例です。

そして、この5月病の主な原因はストレスです。

5月病の対策は。「ストレスの原因を避ける」ことか「ストレスをありのままに受け入れる」ことに分けられそうです。

ストレスは知らない間に人の心や身体を蝕んでいくので、日頃から自分の状態をチェックしておくこともとても大切になります。

さらに、日頃から趣味をもったり、運動習慣をつけたり、規則正しい生活習慣を確立しておくなどストレス対策の予防も大切になります。

今日、子どもたちと一緒に身体を思い切り動かせたことで、私自身も休暇モードから身体的にも精神的にもリセットされて気合が入った気がします。

やっぱり運動することは、とても大切だなということを再認識しています。

さあ、みなさん。

5月病に負けないで、新鮮な気持ちでリスタートしましょう。

どうしても気持ちが乗らない時は、ぜひ、リズムジャンプをやってみてください。

身体も心も前向きになりますよ。

4626844_m.jpg

STAR WARSの日(5月4日)

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

5月4日は「STAR WARSの日」です。

なんで、この日がSTAR WARSの日なのかと言うと、映画の中で登場人物が何度も口にする名台詞に由来しています。

「May the Force be with you.(フォースと共にあらんことを)」とMay the 4th(5月4日)」をかけています。

STAR WARSは黒澤映画から大きな影響を受けているというのは有名な話です。

ジェダイが時代劇の時代から取った言葉であったり、ライトセイバーの戦いがチャンバラ映画を模倣していたりなど、東洋的な哲学の影響もかなり強いです。

STAR WARSといえば、つい最新の特撮技術やキャラクターの方に目がいきがちなんですが、人の心の葛藤が一貫して大きなテーマとして根底に流れているので、宗教色が強い一面もあります。

調べてみると、世界にはSTAR WARSから生まれた「ジェダイ教」という宗教まで生まれているらしいです。

映画の中に登場するジェダイ騎士の教えを現実に実行している宗教だそうです。

そして、映画の中でもジェダイが信念とする教えをまとめると、次の16の教えにまとめられるようです。

1、フォースを信じる
2、未来を見つめ落ち着きを持つ
3、強い心を維持する
4、ポジティブな思考を意識する
5、信じることで直感を持つ
6、忍耐力を養う
7、瞑想によって否定的な感情を取り去る
8、心と精神の訓練を行う
9、平和を守る
10、運命と信頼を信じる
11、物欲を捨てる
12、永遠の命を信じる
13、自分の力に傲慢にならない
14、愛と思いやりを持つ
15、全ての生物の権利を尊重する
16、ジェダイの教えが自分及び他の人の助けになるようにする

たしかに、フォースを信じるかどうかは別として、人の生き方の指針になりそうな内容が多いので、これが宗教になってしまうのも頷けます。

映画は9部作は完結したのですが、これからもスピンオフ作品や新シリーズで、STAR WARSの人気はまだまだ色褪せることはないようです。

今年のSTAR WARSの日は、オンラインイベントでファンは盛り上がっているようです。

私も、5月4日はマスターヨーダのTシャツを着て1日を過ごしました。

そして、そのTシャツには、こんなセリフが書かれています。

「Do or Do not.  There is no try..(やってみるじゃない。やるかやらないかだ)]
 
私もいつの間にかジェダイ教の信者になっていたのかもしれません。

157556_m.jpg

天空の城ラピュタを見ました

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

「風の谷のナウシカ」に続いて「天空の城ラピュタ」を久しぶりに見ました。

やっぱり、私は個人的にこの映画がジブリ作品の映画の中で一番好きかもしれません。

今までに何度も何度もこの映画を見ていてストーリーも知っているはずなのに、テンポの良いストーリー展開にどんどん引き込まれていきました。

普通の男の子だったバズーがシータと出会って冒険していく中で、どんどん逞しくなっていく姿にもとても共感できます。

最初は悪い敵だと思っていた海賊たちも、主人公のバズーとシータを支えてくれる素敵な仲間でした。

ムスカも人間の欲望を丸出しにした魅力的な敵役として光っています。

この映画は全編を通してアニメーションの綺麗な絵に惹きつけられてしまいます。

さらに流れてくる音楽もとても素晴らしいです。

特に、映画の最後に流れてくる「君をのせて」は何度聞いてもジーンときます。

この「君をのせて」は合唱曲としても人気のある曲で、合唱コンクールの課題曲としてクラスの生徒と一緒に口ずさんでいたことも思い出してしまいました。

日本のアニメは世界中に大ファンが多く、コスプレに夢中になるオタクなファンもたくさんいます

「鬼滅の刃」が歴史的大ヒットをしましたが、そうした日本アニメの礎を築いた代表的な作品のひとつが、この「天空の城ラピュタ」であることは間違いありません。

今日はとても天気のいい日和ですが、時々、空に竜の巣みたいな雲を見つけた時には「あの中にはもしかするとラピュタがあるのかもしれない」なんて馬鹿なことを考えてみたくなってしまいます。

さて、私たち人間には幸せな未来を想像する力とそれを現実にしていく創造する力を持っています。

今、こんな不安な現状では、幸せな未来を想像するのがとても難しいことになります。

でも恐怖と不安に支配されてしまうと、生きていくエネルギーまで奪われてしまうことさえあります。

今回、「ナウシカ」と「ラピュタ」を数年ぶりに見て思ったことは、破滅の道を選びかねないこんな時代だからこそ、自然や人との共生をテーマにした名作アニメを見てみるのも価値があるのではないかなと思いました。

そして、今の自分や社会をしっかりと見直した上で、責任をもった行動を起こしていかないといけないんだなと「ナウシカ」と「ラピュタ」を見て、改めて考えてしまいました。

せっかく天気もいいので、綺麗な景色を見ながら、綺麗な空気を吸ってこようかなと思っています。

3242748_m.jpg

アニメーションビデオの作成をしました

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@大分県宇佐市

今日はアニメーション製作ツール「VYOND」を使ってプロモーションビデオを作成しました。

このVYONDは本当に優れもので、誰でも簡単にアニメ動画を作成することができます。

これまでもビジネス動画やストーリー動画を作ったことはあるのですが、最近はゆっくり製作する時間も取れなかったので、今日は自宅でビデオ制作を楽しみました。

このVYONDは操作も簡単でテンプレートやキャラクターなども豊富なので、簡単に面白いアニメ動画を作成することができます。

今回はホワイトボードアニメーションで、リズムジャンプ教室やSTARアカデミーのCMを作りました。

作成した動画はゴールデンウィーク明けから、久留米アリーナ、うきはアリーナ、春日市総合スポーツセンターで教室の宣伝として流してもらう予定です。

さて、このVYONDを使った動画は、Youtubeにもたくさん投稿されているので。誰も一度は目にしたことがあるのではないかなと思います。

最初は「どんな動画にすれば良いのかな」とかなり迷うのですが、一度作り始めると「ストーリ展開やキャラクターはどうしたらいいかな」とか、「どんな構図で、どんなコピーにすればいいのかな」とか、時間を忘れるくらい夢中になってしまいます。

作品が出来上がったときは、とても達成感を味わうことができます。

やらなければいけないからと締め切りに追われて作るのは大変だけど、作る過程が面白いなと思って製作するのはとても楽しい時間になります。

仕事というよりも趣味の延長みたいな感じで仕事ができると、仕事を楽しむことができるんだなと思います。

もちろん生活のために稼ぐことも大切なので、一生懸命に嫌なことにも取り組まなくてはいけなくなることもあるのですが、できるだけ楽しみながら仕事をやっていけたらいいのになとは思います。

このアニメーションビデオのスキルも少しずつレベルアップしていけば、いつかYoutuberにもなれるかもしれないなとか、かすかな期待を持ってしまいます。

たまにはゆっくり時間をとって、このようなクリエイティブな活動をするのもリフレッシュするためにはいいものだなと改めて思いました。

残りの休日も、家の中で大人しく有意義な時間を過ごそうと思います。

AC1A5510-996C-49C0-BE43-1C16BD094DED.png

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR