新幹線

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県春日市

春日市にある博多南駅には、新幹線の車庫があります。

春日アリーナのレッスン前に時間に余裕がある時はつい博多南駅まで足を運んでしまいます。

新幹線の車両基地では運行を終えた車両がスラっと並んでいるのでとても壮観な風景を楽しむことができます。

この博多南駅から博多駅までの区間は、在来線扱いでなんと300円で新幹線に乗ることができます。

実際には乗ったことはないのですが、通勤列車として新幹線を利用している人も多いようです。

電車オタクというわけではないのですが、やっぱり新幹線を見ると心が踊ってしまいます。

新幹線の中でも500系の新幹線のデザインがとても好きです。

今日も車両基地に500系の新幹線が1台停車していたので、少し嬉しかったです。

500系新幹線は、今はキティちゃん新幹線、ちょっと前までエヴァンゲリオン新幹線として子どもたちにも人気があったようですが、私はやっぱりノーマルな500系新幹線が好きです。

今年の7月に、N700Sという新車両がデビューしました。

まだ実際に見たことはないのですが、新車両の勇姿を見たり、実際に乗ったりするのが楽しみです。

新幹線は日本が世界に誇れる高速鉄道ですが、最高速度よりも安全な運行を優先しているそうです。

実際にはもっと速く走れるのに、安全で正確な運行をするために、スピードをコントロールしているわけです。

スピードのコントロールと言えば、サッカーやラグビー、バスケットボールなどの球技でも、上手い選手は上手にスピードのコントロールをしています。

がむしゃらにスピードを上げてミスをするよりも、少しスピードをコントロールして確実なプレイを心がけます。

特に味方選手や相手選手が密集したエリアでは、スピードのコントロールは必要なスキルになります。

スピードを出せる時はグングン上げて、密集地でミスの恐れがあるときにはスピードをコントロールする。

周囲の状況に応じてプレイスピードを変えていくこともいい選手の条件です。

もちろんコントロールした上でのスピードがある選手は、それだけ相手に対して脅威を与えられる選手だと言えます。

闇雲にがむしゃらに頑張ることは悪いことではないと思いますが、しっかりスピードコントロールをしながら相手を圧倒できる選手を育てていきたいものです。

2719454_m.jpg

動画のお仕事

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

コロナウィルス感染で特別事態宣言が出されて運動教室が開校できなかった時期がありました。

その期間は収入もなく本当にニートのような生活をしていたわけですが、その時期にお金はなくても時間だけはたっぷりあったんで、新しいスキル習得の時間に費やしました。

今こうやって書いているブログについても、この時期に学びました。

文章を書くのが苦手だったので人に伝えるしっかりとした文章を書けるようになりたいと思って、とにかくたくさん書いてみようと思いました。

ライティングスキルの勉強もしましたが、実は動画編集のスキルを身につける勉強もしてみました。

実は9月より動画編集の仕事依頼もあって運動教室がない日はパソコンの前に座って締め切りに間に合うようにコツコツと作業しています。

YouTuberからシナリオとナレーション音声をもらってそれにあうように動画を編集していくという仕事です。

あるYouTubeチャンネルの作品のシリーズを9本ほど制作したのですが、自分の作った作品が配信された時はとても嬉しかったです。

手掛けていたシリーズの台本のストックが切れたようで、一旦、そのシリーズは中断になりました。

先日、新しいクライアントと契約できたので、また制作活動が始まったわけですが、やはり始めての仕事の時は、慣れていないせいもあり、かなり時間がかかります。

今日は一日、久留米のアパートにこもって一日中パソコンの前に座っていました。

今日の段階で映像の編集とBGM入れは終わったのですが、テロップ入れにかなりの時間がかかります。

そして効果音などを入れたら一度クライアントさんに確認してもらい、手直しをして完成になります。

実は今回の仕事はテスト製作になります。

テストに合格すれば、このクライアントさんから継続して仕事を引き受けることになります。

でもテストの合否はともあれ、作品を作り出すことはとても面白く感じます。

仕事は仕事なんですけど、今のところは趣味の延長です。

本当はもっともっとスキルを身につけて高いクオリティーの動画制作をできるようにならないといけないとは思うのですが、今はまだ自分も勉強中だと思って楽しみながらやっています。

まあ3年くらいやっていけば、動画クリエイターという肩書を自信を持って名乗れるまでには高めていけると思っています。

これから5Gが普及する中で、動画の持つ宣伝力はより必要になってくると思います。

そうなったときに動画の仕事をプロとしてしっかり受けられるように目の前の案件を責任を持ってこなしていこうと思います。

今、作っている作品が配信されたときは、このブログでもお知らせしようと思います。

テスト作品ですけど一発で合格がもらえるように、細かいところにも拘って、より良いものを完成させようと思います。

3507816_m.jpg

リズムで世界を元気にする

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県行橋市

火曜日の午前中は行橋市での「リズムステップ教室」です。

リズムステップトレーニングは、スポーツリズムトレーニング協会が開発した健康寿命健康寿命を伸ばしていけるように開発された身体と脳のトレーニングが同時に行える健康プログラムです。

・ビートの強い音楽に合わせて手足を動かすことによって脳の活性化を促す。
・活性化した脳で正しい運動制御ができるようになる。
・運動刺激による身体機能の向上を図る

などの効果が期待できます。

高齢者の身体機能の低下を防ぐための筋力トレーニングと認知症の予防となる脳トレーニングを中心に構成されています。

レッスンが始まる前と休憩時間、そして終了後のおしゃべりタイムもとても大切な時間になります。

「今日もとってもいい汗をかけました。」

「脳トレは難しくてなかなかできないこともあるけど、とっても頭を使っているのがわかります。」

「今までいろいろな運動教室にいきましたが、こんな頭を使うトレーニングは今までなかったです。とても楽しくやれます。」

「先生、少し足のむくみが気になるんですけど、このストレッチをやれば少し良くなりそうですね。」

「周りの人に足を引っ張ってしまって申し訳ないけど、椅子に座ったやり方でもできるので安心です。」

などなど、参加者の皆さんにはとても喜んでもらえているようです。

参加者の最高年齢はなんと88歳ですが、とても積極的にトレーニングに参加していただいています。

トレーニング時間もおしゃべりタイムもとても楽しそうに過ごしていただいているのが、指導している私のとってもとてもやりがいのある仕事だと感じさせてくれます。

この「リズムステップトレーニング」のいいところは、きちんとした脳科学や運動生理学に基づいて作成されていて、理論としてもしっかりと確立された科学的なとレーニンングだということです。

数年間の検証時間を経てから今年の1月より全国での普及がスタートしました。

まだまだ世間的には認知されていませんが、これからの高齢化社会にとってもとっても必要なトレーニングであると言えます。

コロナウィルスの影響で施設利用者の方々も運動不足や指導者不足に悩まされている人も多いかと思います。

このリズムステップトレーニングは誰でも簡単に指導することができるし、これを活用することによって施設利用者の方々の健康トレーニングと脳トレが同時に行うことができるようになります。

実際に数カ所の高齢者施設や病院でリズムステップトレーニングを導入するための指導者講習会を開催するという話も進んでいます。

高齢者施設や病院では外部との接触を制限してコロナウィルスの感染リスクを減らしているところが多いと思うのですが、施設内部で有資格者がいることで利用者さんに多くの恩恵を与えられることは間違いありません。

「リズムで世界を元気にする」

リズムステップトレーニングの普及は、これからの日本の社会問題の解決策のひとつとして間違いなく重要な役割を担っていると思っています。

笑顔で人と人が簡単に繋がっていける活動をたくさんの人に知ってもらいたいと思っています。

追伸
私の開催している定例の「リズムステップ教室」は今のところ、次の会場でやっています。
健康寿命を伸ばしたいと思っている方にご紹介していただけると嬉しいです。

① サンワークゆくはし(行橋市今井3613−4) 毎週火曜日 10時〜11時
    問い合せ、申し込み 0930ー24−8811(サンワークゆくはし)

② サイクルショップコダマ大洲アリーナ      毎週月曜日 10時〜11時
    問い合わせ、申し込み 097ー551ー1511(サイクルショップコダマ大洲アリーナ)

③ 宇佐市文化会館ウサノピア           毎週月曜日 19時〜20時
    問い合わせ、申し込み 090−8404ー6255(吉永)

リズムステップの指導者資格「リズムステップディフューザー講習会」も定期的に各地で開催しています。

11月1日(日)13時〜17時  豊前市立多目的文化交流センター
    問い合わせ、申し込み 090−8404ー6255(吉永)

リズムステップを導入したいと考えている方も遠慮なくご相談ください。

1483239_m.jpg

大移動

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県久留米市

さあ、いよいよ今週が始まりました。

毎日、いろんなところに仕事に行くようになって、あっという間に1週間がすぎさっていきます。

月曜日の午前中は大分市への移動からのスタートです。

今日は月に一度の宇佐市の適応指導教室「せせらぎ教室」での、リズムジャンプ教室の日だったので、大分市での用事を済ませた後に、すぐに宇佐市にとんぼ返りしました。

「せせらぎ教室」は学校にいきたいのに何らかの理由でいけない子どもたちに「この教室にくれば楽しい」「心が落ち着く」という安らぎを感じる場所として、宇佐市教育委員会が解説している教室です。

今日で4回目の教室ですが、中にはリズムジャンプの時間を楽しみにしてくれている児童生徒もいて、約45分間、一緒に汗をかきました。

回を重ねるごとに難しいリズムジャンプの技もできるようになっています。

みんな笑顔で活動してくれるので、とても行くのが楽しみな場所のひとつです。

いつもであれば夕方から宇佐市のウサノピアでリズムジャンプ教室をやっているのですが、第3月曜日が休館日なので今日はおやすみでした。

所用のために熊本大津に行くようにしました。

日田市、上津江、菊池を通るコースで大津町までいったのですが、日がくれて夜にこの道を通るのは少し寂しい気もします。

昼間の時間であれば最高の景色も楽しめたと思うだけに残念でした。

STARアカデミー熊本大津教室を行っている会場に足を運びました。

子どもたちとアカデミーコーチの楽しそうな笑い声とすごくアットホームな雰囲気の中でレッスンが行われていました。

今日は体験で参加してくれていたお子さんがひとりいたようですが、あとで聞いたところによると正式に入会してくれたようです。

熊本大津教室でも確実にSTARアカデミーの輪が広がっていることを嬉しく感じました。

そして、そこから久留米への移動です。

これも長距離の運転になりましたが、途中休憩をしながら無事に久留米のアパートに到着しました。

明日の朝までにフリーペーパーの原稿を完成させて送らなければいけません。

そして明日の午前中は行橋市でのリズムステップ教室、夕方は田主丸でのSTARアカデミーと大移動は続きます。

でも、どこの場所でも楽しみに待ってくれている利用者さんやお子さんが満面の笑顔で待ってくれています。

スポーツリズムトレーニングはリズムを使って身体を動かすだけで「楽しさ」「爽快感」「充実感」を味わえます。

あっという間にトレーニング時間がすぎていきます。

そして何よりも笑顔いっぱいの雰囲気やフレンドリーな空間がすぐにできていきます。

人と人との繋がりをすごく感じられる新しい感覚のトレーニングです。

たくさんの人たちに最高の笑顔を届けられるように、今週もたくさん各地を動き回ろうと思います。

3182950_m.jpg


嬉しい報告

From 吉永信昭(よしながのぶあき)
@福岡県豊前市

毎週日曜日は豊前市でのレッスンがあります。

豊前市での運動教室『STARアカデミー』のKinderクラス(4歳〜6歳)を8月にスタートしているのですが、毎週、子どもたちは一生懸命、集中して楽しそうにレッスンに参加しています。

今日のレッスンが終わった後に、ひとりの男の子がお母さんと一緒に寄ってきました。

「先生、ちょっと聞いて欲しいことがあるんです。」

お母さんの一言に呼び止められて、何事だろうと思って足を止めました。

「どうしたの?」と聞くと、その男の子はニコッと笑いながらこう言いました。

「先生、運動会のかけっこで2番になったよ」

「えーっ、それはすごいね」と本当に驚いて頭をなでると、とても嬉しそうに笑っていました。

その子は決して運動能力が高いわけではありませんでした。

リズムジャンプでもうまくできない技がたくさんあるのですが、本当に諦めないでコツコツと努力するお子さんです。

でも言われてみれば、今日のレッスンのハードルトレーニングでもすごくスムーズに走れるようになってきたなぁと感じさせる走りができるようになっていたので、足が速くなっているのは間違いないのです。

お母さんも嬉しそうに、私にこんな話をしてくれました。

「先生、本当は最初トップで走っていたんですよ。今まで一番後ろの方で走っていたので、前に誰もいないで走ったことがなかったので、ちょっとびっくりしたのかもしれません。それで、後ろを向いて走っているうちに追い越されて2番になったんです。でも、2番になったのも初めてなので本当にうれしかったです。」

なるほどその子らしい話だなと、そのシーンが想像できたので思わず笑ってしまったのですが、それでも、その子の表情をみると、少し誇らしげで自信を持った表情になっていました。

「すごいね。今度は前をみて走ると、きっと一番になるかもしれないよ」と言うと、
ニコッと笑ってハイタッチをして帰っていきました。

いつものトレーニングで走り方や動き方が確実に変わっていっているのはわかるのですが、このように目に見えた形での成果が上がると、その子も自信を持って、さらなる行動への動機付けになっていくのは間違いありません。

子どもたちの嬉しい報告をこれからもたくさん耳にするのが本当に楽しみです。

やっぱり、しっかり汗を流して積み上げてきた努力は裏切りませんよね。

子どもたちが伸び伸びと行動して、自信を持って挑戦していく土台づくりに関われる仕事が本当に楽しくて仕方ありません。

かわいい子どもたちの嬉しい報告が、私のさらなる行動のエネルギーになっていきます。

208696_m.jpg

プロフィール

NOBUAKI YOSHINAGA

Author:NOBUAKI YOSHINAGA
NOBUAKIです。九州で運動教室やメンタルコーチとして活動していますす。30年間教師生活で学んだ経験や、サッカーコーチとしてたくさんの選手に関わる中で培ってきたコーチング法や目標達成の仕方などをメインに役立つ内容をお送りしたいと想います。よろしくお願いします。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR